KADOKAWA Technology Review
×
イベント 各分野のキーパーソンとともにお届けするライブコンテンツ
Emerging Technology Conference #4

人工培養肉をキッチンで作る時代がやってくる!
イベント開催のお知らせ

大学や企業の研究室は違ったかたちでバイオテクノロジーに取り組むムーブメント「DIYバイオ」が注目されている。10/4(水)に開催する「MITTR Emerging Technology Conference #4」では、DIYバイオ団体のshojinmeat projectをゲストに迎え、人工培養肉への取り組みを紹介する。 by MIT Technology Review Event Producer2017.09.26Promotion

「DIYバイオ」という言葉をご存知だろうか? 「ストリートバイオ」「バイオハッカー」とも呼ばれ、個人や小規模な組織が、大学や企業などの研究機関とは異なるアプローチでバイオテクノロジーの研究開発に取り組むという、世界中で拡大しているムーブメントのことだ。

現在のバイオ産業はムーアの法則の5〜6倍のスピードで進展していると言われており、かつてのエレクトロニクス産業同様に、研究機関や政府から個人へと主役がシフトしている。

そこで、10月4日の「MITTR Emerging Technology Conference #4」は、「DIYバイオ」をテーマに、米国シンギュラリティ大学主催の「ジャパングローバルインパクトチャレンジ」でも優勝したDIYバイオ団体「shojinmeat project」から、田中啓太氏をゲストに迎えて開催する。

第一部は、shojinmeat projectの立ち上げメンバーでもある田中啓太氏が「細胞培養による食糧生産へ」と題し「shojinmeat project」プロジェクトの活動のメインである純粋培養肉への取り組みと、DIYバイオの現在、食の未来について講演する。

第二部は、MITテクノロジーレビュー編集部も参加し、純粋培養肉やDIYバイオが、これから社会や個人の生活をどう変化させるのか、またどのようなビジネスチャンスが生まれるのか、ディスカッションする。

イベントの詳細・お申し込み(Peatix)

登壇者

田中啓太氏(Shojinmeat Project 科学コミュニケーションクラスター)

早稲田大学先進理工学部卒。2014年、細胞培養技術による食糧生産「細胞農業」の社会実装を目指す有志団体 Shojinmeat Projectの立ち上げに携わる。DIYによる実験を軸に、細胞を安価に大量培養する技術の開発を進めてきた。細胞によるものづくり全般を「生ものづくり」とし、将来は食糧だけでなく、洋服やテレビ、ロボットまでも細胞で作ることをビジョンに掲げる。理系研究者のみならず、アーティスト、デザイナー、中学高校生など幅広い分野、世代のメンバーと共に細胞農業の発展を推進している。


いま、MITテクノロジーレビュー有料購読会員に申し込むと、今回のイベントに無料で参加できます。

■新たにMITテクノロジーレビューの有料購読会員になり、本イベントに割引価格で参加するには、以下の手順でお申し込みください。
1.MITテクノロジーレビュー申し込みページから、有料購読を申し込んでください。
2.登録したメールアドレスに届く「[MITテクノロジーレビュー] お申し込み完了」という題名のメールを event@technologyreview.jp 宛に転送してください。
3.こちらから新規有料会員様向けの無料割引コードをメールで送付します。
4.イベントページで、「チケットを申し込む」ボタンをクリックしてください。
5.「新規有料会員無料チケット(割引コード入力で無料になります) 」の数量を記入してください。
6.下の「割引コード」欄に、割引コードを入力してください。その後「フォームへ進む」ボタン後にお支払い方法をお選びください。

※ すでに有料購読会員の方は、9月13日にメールでお送りしているイベントのおしらせで割引コードをご確認のうえ、上記の4〜6の手順(「有料会員専用500円チケット(割引コード入力で500円になります)」を選択)でお申し込みください。500円で参加できます。

MITTR Emerging Technology Conference #4 「DIYバイオの社会実装〜純粋培養肉(Clean Meat)が創り出す新しい未来〜」
日時
2017年10月4日(水) 19:30〜22:00(19:00 受付開始)
定員
60人
場所
KADOKAWA第一本社ビル 2Fホール(東京都千代田区富士見1丁目12-11)
料金

一般 1500円
MITテクノロジーレビュー有料購読会員 500円(割引コードをご利用ください)
MITテクノロジーレビュー新規有料会員 無料(割引コードをご利用ください)

主催
MITテクノロジーレビュー
プログラム

19:30〜20:30 田中 啓太 氏(Shojinmeat Project 科学コミュニケーションクラスター)講演
20:30〜20:35 休憩
20:35〜21:00 田中 啓太 氏 ✕ MITテクノロジーレビュー編集部ディスカッション
21:00〜21:15 質疑応答 / お知らせ
21:15〜22:00 来場者交流会
※プログラムは変更する場合がございます。

注意事項

※イベント開催時間、各プログラムの開始終了時間は状況により変更する場合がございます。
※当日のイベントの模様は、MITテクノロジーレビューに掲載される可能性がありますのでご了承ください。
※会場内での事故につきましては、主催者は責任を負いかねます。

申し込みページへ (受付は終了しました)
イベントレポート
  • 新潮流「DIYバイオ」は食糧問題解決の切り札となるか
    企業や大学の閉ざされた研究室から飛び出した個人が、生物学をハックする「DIYバイオ」の動きがアメリカを中心に広がっている。日本でもさまざまなバックボーンを持つ有志が集まり、人工培養肉の開発を試みる団体が現れた。彼らが想像する「食糧」を取り巻く未来の社会とは。 by Yasuhiro Hatabe
人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2021  アジア最大級の宇宙ビジネスイベントが東京・日本橋で開催
  3. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  4. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
MITテクノロジーレビュー[日本版]が開催するイベント情報をお知らせします。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2021  アジア最大級の宇宙ビジネスイベントが東京・日本橋で開催
  3. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  4. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る