1. 生命の再定義
    新潮流「DIYバイオ」は食糧問題解決の切り札となるか
    企業や大学の閉ざされた研究室から飛び出した個人が、生物学をハックする「DIYバイオ」の動きがアメリカを中心に広がっている。日本でもさまざまなバックボーンを持つ有志が集まり、人工培養肉の開発を試みる団体が現れた。彼らが想像する「食糧」を取り巻く未来の社会とは。 Yasuhiro Hatabe18カ月前
  2. 生命の再定義
    人工培養肉をキッチンで作る時代がやってくる!
    イベント開催のお知らせ
    大学や企業の研究室は違ったかたちでバイオテクノロジーに取り組むムーブメント「DIYバイオ」が注目されている。10/4(水)に開催する「MITTR Emerging Technology Conference #4」では、DIYバイオ団体のshojinmeat projectをゲストに迎え、人工培養肉への取り組みを紹介する。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  3. 生命の再定義
    遺伝子療法の試験に自分の体を実験台に差し出したブライアン・ハンリーの話。 Antonio Regalado2年前
  4. 生命の再定義
    バイオ犯罪の専門捜査官をなぜFBIは設置したのか?
    自宅車庫でも可能になった遺伝子編集は生物伝染病を解き放つのか? 起きたとしてもエド・ユー特別捜査官には対処の準備がある。 Antonio Regalado2年前