KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
1台を3台に分割してシェアできるスマホ、使ってみたい?
University of Calgary
カバーストーリー 無料会員限定
This 3-in-1 Phone Will Make You Want to Share It with Strangers

1台を3台に分割してシェアできるスマホ、使ってみたい?

1台のスマホを3台に分割して制限付きでシェアできるスマホをカナダと米国の大学生が研究中だ。親機で子機の機能をコントロールでき、親が子供に持たせるスマホのアイデアとして活用できるかもしれない。 by Rachel Metz2017.10.06

たいていの人は、自分の電話を他人に渡したりはしたくないはずだ。たとえそれが家族だったとしても嫌だろう。だが自分で管理したまま、他人と共有できるとしたらどうだろうか?

こうした問いに対して、カナダのカルガリー大学とウォータールー大学、米国ダートマス大学の研究者が作ったのが、「シェアできるスマホ」のプロトタイプだ。3Dプリンターで製作された1つのケースに3台のスマホが収まっていて、各スマホにはカスタマイズ済みのアンドロイド(Android)OSが搭載されている。3台のスマホのうち1台が親機となって、2台の子機で動くアプリのアクセス権を制御したり、動作を監視したりできる。

2台の子機のうち1台は親機よりも一回り小さな中型サイズ。もう1台は非常に小さなサイズで、ケースから取り出して他人に渡すことができる。映像の通り、中型サイズの子機を取り出そうとするとアイコンのリストが画面に現れ、子機を貸し出す相手に与えるアクセス権を設定できる(特定のアプリの使用だけに制限したり、親機と画面を共有したり、親機にあるアプリをすべて使用可能にしたりできる)。一方の小さな子機には …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  4. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る