KADOKAWA Technology Review
×
パナソニックはAIで世界をどう変える?Tech Forum開催
お知らせ 「お知らせ」はMITテクノロジーレビューの広告主および選定パートナーによって提供されています。
Panasonic Innovation&Technology Forum

パナソニックはAIで世界をどう変える?Tech Forum開催

世界中の人々のくらしを変え続けてきたパナソニック。次はAIテクノロジーで移動、ビジネス、くらしにイノベーションを起こそうとしている。 「ものづくり×AI」の難しさと楽しさをキーマンたちが語る。 by MIT Technology Review Japan2017.11.24Sponsored

パナソニックはAIテクノロジーで人々の生活にどのようなイノベーションを起こそうとしているのか? 次世代イノベーションを牽引するパナソニックのキーパーソンと研究者が集い、日々の生活を豊かにする最新テクノロジーを紹介する技術者向けイベント「AI to REAL -Innovation&Technology Forum-」が2017年12月16日(土)に東京都内で開催される。

>>お申し込みはこちらから

 

プログラムは2部構成。第1部は、パナソニック ビジネスイノベーション本部副本部長で、パナソニックノースアメリカの副社長を務める馬場渉氏と、立命館大学 情報理工学部 教授でパナソニックの客員統括主幹技師も務める谷口忠大氏による基調講演。

パナソニック入社以前、SAP本社に在籍し、カスタマーエクスペリエンス担当バイスプレジデントとしてシリコンバレー・バロアルトで指揮を取った馬場氏は、デザインシンキングと最新テクノロジーによるイノベーションを牽引。その手腕でパナソニックの有するプロダクトをどのように進化させるのか、注目を集めている。

一方、谷口氏は、人間の言語的・記号的コミュニケーションを支えるシステム概念として、記号創発システムを提唱し、 ロボットや人工知能の構成を通じた構成論的理解や当該システム観に基づくコミュニケーションの場のデザインに取り組み、本をゲーム形式で紹介しあう「ビブリオバトル」の考案者でもある。

第2部では、パナソニックのエンジニアらが登壇し、同社が取り組んでいるイノベーションと最新テクノロジーについて語る予定だ。

講演終了後には登壇者やエンジニアと直接対話できる交流会も予定されており、軽食を片手に次世代技術について自由な議論を交わすことができる。

イベントへの参加は無料。ただし抽選制のため、事前申し込みが必要。

>>お申し込みはこちらから


AI to REAL
-Innovation&Technology Forum-

  • 日時:2017年12月16日(土)13:00〜17:00(開場12:30)
  • 会場:東京コンベンションホール
    東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F
  • 申込最終締切:12月11日(月)23:59
    ※11月28日(火)中を一次締切とし、それまでにお申し込みいただいた方で一次抽選を行ないます。一次抽選結果については、当選された方のみ、12月1日(金)までにメールでご連絡いたします。それ以外の方については、最終締切後に抽選を行ない、結果を12月13日(水)までにメールでご連絡いたします。
  • 参加費:無料
  • 対象:以下の領域や技術について、興味や知識のある方を対象にしています。
    機械学習・画像認識などAI技術に興味・関心をお持ちの方
    生活を変えるイノベーションに興味・関心をお持ちの方
  • 登壇者:
    馬場 渉(パナソニック ビジネスイノベーション本部 副本部長 兼 パナソニックノースアメリカ 副社長)
    谷口 忠大(立命館大学情報理工学部 教授・パナソニック 客員総括主幹技師)
    ほかパナソニック所属のイノベーター・エンジニア
  • お問い合わせ先:AI to REALイベント事務局

※ イベント内容は予告なく変更になる可能性があります。

>>お申し込みはこちらから

人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る