KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
世界最大の小売業者が
社員教育にVRを使う理由
Finally, a Useful Application for VR: Training Employees

世界最大の小売業者が
社員教育にVRを使う理由

まだまだ小さなVR市場で、従業員やスポーツ選手向けのトレーニングを提供するスタートアップ企業が伸びている。世界最大の小売業者であるウォルマートの従業員教育に採用され、今後、さまざまな職種のトレーニングに使えるようにする予定だ。 by Rachel Metz2017.12.05

年に一度の狂乱の日、ブラック・フライデーにウォルマートで働いたことがある人なら、大量になだれ込む買い物客やパニックに陥った客の行動に、どうにも対処のしようがないことを知っているはずだ。それが本当かどうかを知りたければ、自分で経験してみるしかない。だが、もうじき実質現実(VR)ヘッドセットを付ければ、この熱狂的な状況の真っ只中に立てるようになる。

私は店員として働いたことはないが、記者として取材したことがあるので、ブラック・フライデー当日の状況は知っている。VRを利用して従業員を訓練する企業を支援していているスタートアップ企業、ストライバー(Strivr)は最近、顧客企業であるウォルマートのために撮影したブラック・フライデー当日の慌ただしい様子を、ゴーグルを使って見せてくれた。すると、取材のときと同じように背中がぞくぞくした。

サンフランシスコとシリコンバレーにあるストライバーのオフィスで、アメリカン・フットボールの試合の真っ只中に立つ体験もした。そうした体験は、ストライバーが小売大手からNFLチームまで幅広い顧客向けに制作しているVR体験の一部だ。ストライバーは顧客企業と協力し、360度カメラとソフトウェアを使って専用のVR体験をすばやく制作している。VR体験は、あらゆる職種の人がスキルを磨き、店舗、競技場、そのほかの場所でスキルを活用するのに役立つ。

ストライバーの創業者、デレク・ベルク最高経営責任者(CEO)は次のように話している。「当社の製品の特徴は、まっさらなフライトシミュレーターを作り出し、そこに企業の仕事を当てはめるのです」。

VRはまだ広く使われていない。最良といわれるハードウェアであっても、あまりに不恰好で高価なため、大部分の人々にとっては時々使ってみたいという程度のものだ。また、VRゴーグルで出来ることも、それほど多いわけではない。VRゴ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント