KADOKAWA Technology Review
×
地球温暖化の最悪シナリオの現実性が高まる、米研究所が検証
持続可能エネルギー Global Warming’s Worst-Case Projections Look Increasingly Likely

地球温暖化の最悪シナリオの現実性が高まる、米研究所が検証

地球温暖化に関しては、気候モデルに内在する不確実性を理由に、危機の存在に疑問を呈したり、各種施策に反対したりする動きもある。米国の研究者が人工衛星の観測データと照らし合わせて多様な気候モデルの予測性能を検証したところ、最も正確なモデルが最も大幅な気温上昇を予測していることが明らかになった。 by James Temple2017.12.18

実際の気象観測データと照らし合わせて気候モデルの予測性能を検証した最新の研究によると、地球温暖化に関する最悪の予測が現実のものとなる見込みが高まっている。

12月6日付のネイチャー誌に掲載された研究論文によると、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change)」の温室効果ガス濃度上昇予想のうち、最も急激なものに基づいて予測した場合、地球の気温は今世紀末までに摂氏5度近く上昇する可能性があることがわかった。前回の予測を15%上回る数値である。新たな分析結果では、「旧態依然」シナリオと呼ばれる状況下で2100年までに地球の気温が4度以上上昇する確率が62%から93%に増大した。

気候モデルとは、さまざまな要因が気候に及ぼす影響を評価するための高度なソフトウェアによるシミュレーションのことだ。科学者たちは今回の研究のために10年分以上の衛星観測データを集め、雲や雪、氷などに反射して宇宙空間に戻される太陽光線の量、地球から逃げていく赤外線の量、地球の大気におけるエネルギーの流入・放出の総合的なバランスを調査した。次に、「大気圏外」で観測されたデータを各種気候モデルから得た予測結果と比較し、人工衛星による実際の観測結果をどのモデルが一番正確に予測したかを決めた。

気候システムを出入りするエネルギー流量の現実の観測結果に最も近い結果を出したのは、今世紀に見込まれる上昇 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る