KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
アルファ・ゼロ、機械から人間が学ぶ時代の幕開け
知性を宿す機械 Insider Online限定
Alpha Zero’s “Alien” Chess Shows the Power, and the Peculiarity, of AI

アルファ・ゼロ、機械から人間が学ぶ時代の幕開け

人工知能はディープマインドの最新AIは、チェスで人間からみれば奇妙な一手を指す。これを人の硬直化した考えを打破する一手とみるか、単なる将来への不安を駆り立てる奇計とみるかは、難しいところだ。 by Will Knight2017.12.13

ディープマインドが開発した最新の人工知能(AI)プログラムは、優秀なだけでなく、とても柔軟だ。そしてかなり奇妙でもある。

12月第2週、ディープマインドは、従来から習得している囲碁に加えて、チェスと将棋の習得が可能な対戦プログラム「アルファ・ゼロ(Alpha Zero)」について記述した論文を発表した。

カリフォルニア州ロングビーチで開催された神経情報処理システム(NIPS)学会で詳細を説明したディープマインドの創業者、デミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)によると、このプログラムは人間には思いもよらない手を指すことがよくあったという。ハセビスCEO自身、玄人はだしのチェス・プレイヤーでもある。

「アルファ・ゼロは人間のように指さず、かといって、いかにもプログラムが指しているようにも見えません。アルファ・ゼロは、人間でもない、プログラムでもない、第三の、ほとんど異星人のような思いもかけない手を指してきます」。

このことは、特定の課題に対して機械学習プログラムがいかに優秀かを示すだけでなく、AIが人間とはかなり異なった考え方をすることも示している。AIがよりありふれたものになるにつれ、こうした「思いもよらない振る舞い」を気にかける必要があるのかもしれない。

アルファ・ゼロは囲碁を指すために開発されたプログラム「アルファ碁(AlphaGo)」をより汎用化したものだ。アルファ・ゼロはわずか24時間で、既存の最強チェス・プログラムを打ち負かすほどの自己学習ができる。

驚くべきことに、アルファ・ゼロは時折、一見正気ではないようなサクリファイス(ある駒を犠牲にして局面を優位にする戦術)を選択したとハサビスCEOは説明する。たとえば、優位な形勢にするた …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2021

新型コロナで注目されるmRNAワクチンから、史上最も優れたAI言語モデル、電気自動車の普及を担うリチウム金属電池まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る