KADOKAWA Technology Review
×
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由
知性を宿す機械 無料会員限定
Apple Just Gave a Private Demo of Its Latest Self-Driving Tech

アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

秘密主義で知られるアップルが自動運転プロジェクトの情報をチラ見せしたのは珍しい。それには、あのアップルでさえも人材獲得に苦労しているという事情がある。 by Will Knight2017.12.26

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。

12月第2週、人工知能(AI)研究者向けのプライベート・ワークショップで、アップルのAI研究を率いるルスラン・サラクトゥディノフ所長は、招待したAI研究者に対して自動運転に関連する複数のプロジェクトについて語った。カリフォルニア州ロングビーチで開催された2017年最大規模のAI学会、神経情報処理システム(NIPS)学会でのことだ。講演にはライバルのテック企業の社員を含めた大勢のAI研究者が詰めかけた。目的は、アップルの技術力をアピールし、新たな研究者をスカウトすることだ。

サラクトゥディノフ所長がアップルに入社したのは2016年だが、現在もカーネギーメロン大学の教授を兼務している。講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。

ほかにも、車の上に設置したカメラを使って道路上のさまざまな物体を識別する手法や、カメラがとらえた映像を利用して車の現在地を非常に正確に認識する手法など、これまで非公開だったプロジェクトが明かされた。カメラを利用したスラム(SLAM:Simultaneous Location And Mapping、自 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る