KADOKAWA Technology Review
×
知性を宿す機械 Insider Online限定
AI knows how a video should sound

映像に合ったリアルな音を機械学習で生成、アドビらが開発

ノースカロライナ大学チャペルヒル校とアドビの研究者が、映像に映った物体に合わせた音を生成するアルゴリズムを開発した。音声編集の自動化へ向けた道を切り開く興味深い研究だ。 by Emerging Technology from the arXiv2018.01.30

機械学習は、画像と画像を作る方法に関する考え方を変えつつある。研究者は顔を作成したり、漫画を描いたり、写真を絵画風に加工する方法を機械に学習させてきた。こうした方法をもう少し進化させれば、映像も生成できるはずだし、実際にそれは現実になりつつある。

映像を生成するということは、完全なバーチャル環境を機械によって作り出すことを指している。これが実現できれば、人間が経験する未来に対する、あらゆる可能性が開かれる。

だがそこには1つの問題がある。映像はただの視覚的体験だけではない。本物のような音声を生成することも、映像を生成するのと同様に重要だ。つまり、興味深い疑問点は、機械が映像の音声部分を本物らしく生成できるかどうかということだ。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校のイーピン・シュウらとアドビ・リサーチの研究者の功績により、この疑問に対する答えが出た。研究チームは、短いビデオ・クリップに本物のようなサウンドトラックを付ける方法を機械学習アルゴリズムに学習させた。

実際に、機械が作り出す音声は、ほとんどの人間が本物だと勘違いするほどリアリティにあふれている。この動画の音を聞いて、本物の音と生成した音との違いを聞き分けてみてほしい。

研究チームは、機械学習の標準的な手法を採用している。アルゴリズムの優劣は訓練するために使 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る