KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
AR・VRの未来を体験
ゲーマーでなくても試したい
スマホアプリベスト6
POLY
コネクティビティ 無料会員限定
Apps That Hint at a Fanciful Fake Future

AR・VRの未来を体験
ゲーマーでなくても試したい
スマホアプリベスト6

スマホの高機能化にともなって、モバイルARアプリとVRアプリはどれほど進化しているのだろうか。「役立つ」よりも、最新技術を体感できる6つのアプリを紹介する。 by Rachel Metz2017.12.22

拡張現実(AR)や実質現実(VR)を見るための最高のガジェットが、今まさに自分のポケットに入っているかもしれない。

とくに最近のハイエンド・モデルのスマホは、現実とバーチャルの融合(AR)や、まったく新しい場所の体験ができる(VR)能力が大幅に向上している。スマートフォンのARやVRはまだマイクロソフトのホロレンズ(HoloLens)やHTCのバイブ(Vive)のヘッドセットで経験できるようなより現実的な感覚は味わえないし(ヘッドセットもまだまだ改善が必要だが)、今後の有用性もまだはっきりしない。しかし、こういったスマホは、過大な金銭的負担もなく、コンピューターと有線接続することもなく、驚くべき世界を見せてくれる。

アップルやグーグルといった企業はARビジネスの可能性を十分に理解していて、iOSやアンドロイド(Android)の開発者に、より現実的なARをアプリに簡単に追加できるツールを発表している。グーグルは、モバイルでのVR体験に対して、先駆的な取り組みをしてきた。最初はVRコンテンツをスマホだけで見られる紙製のビューアー「カードボード(Cardboard)」、直近なら、全視界型VRを対応アンドロイド・スマホで見られるヘッドセット「デイドリーム・ビュー(Daydream View)」だ。

こうした取り組みによって、多くのモバイルARアプリやVRアプリが生まれている。だが、スマホやソフトウェアがどんどん進歩しているため、スマホやヘッドセットを使って何ができるアプリなのかを把握するのは難しい。そこで、自宅で最新ヘッドセットを使用している新し物好きの人でも、単にARやVRといったテクノロジーに興味があるだけの人でも、チェックする価値のあるモバイルARアプリとVRアプリを以下にまとめた。

紹介するアプリは、現在もっとも役に立つARアプリやVRアプリだという理由で選んだものではない。どのアプリも、主に娯楽目的だ。しかし、新しいARやVRのテクノロジーの可能性について考えたり、今、何ができるようになっているのかを体感したりするのに役立つという点で、試す価値はある。

1. ユークリッド・ランド(Euclidian Lands)/iOS用:4ドル

アイフォーン(iPhone)、アイパッド(iPad)用のARパズルゲームだ。ユークリッド・ランド(Euclidian Lands)は、人気ゲームのモニュメント・バレー(Monument Valley)を彷彿とさせるデザインだ。ゲームはどんどん複雑化していくキューブ型の城で構成されており、その城の一部をひねって回転させ、赤いケープをまとった男性主人公が敵をやっつける手助けをする。アプリの操作は直観的でスムーズだ。画面上の城のパーツを、回転させたい方向に指でスワイプするだけ。そしてヒーローのたなびくケープはいうまでもなく、鮮明なキューブ型の城もとても印象的だ。

アップルのARアプリを簡単に作成できるARKitソフトウェアを使って、3Dオブジェクトを特定の場所に固定したり、いろいろな角度から眺めても場所がずれたりしないようにしてる。ただし、そのゲームの遊び方にすぐに馴染めるかどうかはわからない。たとえば、戦略を立てるためにパズ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2021

新型コロナで注目されるmRNAワクチンから、史上最も優れたAI言語モデル、電気自動車の普及を担うリチウム金属電池まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る