KADOKAWA Technology Review
×
締切 迫る!【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
トラブル続きだったICO、
今年は本物になれるのか?
instagram.com/floydmayweather/
コネクティビティ 無料会員限定
2017 Was the Year of the ICO—Now What?

トラブル続きだったICO、
今年は本物になれるのか?

2017年には相次ぐ新規仮想通貨公開(ICO)が、暗号通貨市場に活気をもたらした一方で、数々の法的なトラブルを引き起こした。米国当局は今後、規制を強化する可能性があり、ICOは転換点を迎えるかもしれない。 by Mike Orcutt2018.01.11

2017年、元プロボクサーのフロイド・"マネー"・ メイウェザーと新規仮想通貨公開(ICO)の関係がニュースを賑わせた。メイウェザーは、世界で一番有名なボクサーと言えるかもしれない。そのメイウェザーが、2017年に少なくとも3件のICOの宣伝をしたのだ。そのうちの1つであるセントラ・テック(Centra Tech)という会社によるICOが、米国証券法に違反しているとして新たな集団訴訟の渦中にある。

一連の出来事は、派手な新しい資金調達の手法が2017年にどのように扱われたかを象徴している。2017年に突然登場したICOは、議員や金融規制当局の厳格な検査の対象として2018年を迎えることになる。議員や規制当局もまた、一般の人々と同じように、何十億ドルもの金が突如飛びかう法的なグレーゾーンを理解する方法を見出そうとしているのだ。

ICOには、トークンと呼ばれるデジタルな価値単位の販売が含まれる。トークンは、ビットコインのユーザーがビットコインをやり取りするのと同じような方法で、ブロックチェーン・ネットワークのユーザーの間で受け渡すことができる(「ビットコインとは何だったのか?」を参照)。取引可能であることが、トークンを株式 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る