KADOKAWA Technology Review
×
2018年、機械学習はクラウドで実行するのが当たり前になる
Ms. Tech
知性を宿す機械 無料会員限定
2017: The Year AI Floated into the Cloud

2018年、機械学習はクラウドで実行するのが当たり前になる

2017年にはアマゾン、グーグル、マイクロソフトといった大手テック企業がこぞって、クラウド・プラットフォームに人工知能(AI)技術を導入した。この傾向は今後も続き、2018年にはクラウド内で多くの機械学習が実行されるようになるだろう。 by Jackie Snow2018.01.11

クラウド・コンピューティングはすでに巨大なビジネスであり、競争は厳しい。2017年、ユーザー獲得のためのテック企業の争いは新たな領域へ踏み込んだ。クラウドベースの人工知能(AI)の大規模な導入である。

AIを利用できる大規模システムの構築は、中小企業には手が出せないほど高い費用がかかる。機械学習アルゴリズムの訓練に多くのコンピューティング能力が必要になるのが主な理由だ。そこで、アマゾン、マイクロソフト、グーグルといった企業の登場である。これらの企業は、膨大なコンピューティング・リソースを有しており、400億ドル規模のクラウド・コンピューティング産業で大きなシェアを握っている。こうした企業にとっては、クラウドにAI機能を追加するのは、単に顧客の要望に応え続けるという問題でしかない。顧客は自分たちのソフトウェアに、高い費用対効果で機械学習を組み込むことをますます期待するようになっているのだ。

AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)を擁するアマゾンは、クラウド市場の先頭に立っている。アマゾンは、2017年11 月27日~12月1日にラスベガスで開催したカンファレンス「 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る