KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
米国の教育トレンドに見る、2018年に学ぶべきテックスキル
Simon Landrein
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Best Online Classes for Job Skills

米国の教育トレンドに見る、2018年に学ぶべきテックスキル

2018年にはどんなテックスキルが人気となりそうか? 米国のオンライン教育事業者4社に、2017年に人気のあった講座と2018年に予想される傾向を聞いた。 by Elizabeth Woyke2018.01.15

2017年は、人工知能(AI)、暗号通貨、データ分析に関するオンライン授業に大勢の人々が集まった。主要なオンライン教育事業者であるコードアカデミー(Codecademy)、コーセラ(Coursera)、エデックス(edX)、ユダシティ(Udacity)によると、2018年も同様の傾向は続きそうだ。

4社はMITテクノロジーレビューの求めに対し、2017年に受講者数の多かった講座と、2018年に生徒の関心を惹きそうなトピックを明らかにした。

スタンフォード大学やイェール大学などによる2000以上の講座を開講するコーセラは、2900万人以上の受講者を集めるオンライン・プラットフォームだ。ニヒル・シンハCCO(最高コンテンツ責任者)によれば、登録者の多くは「キャリアに何か役立つことを探していて」、「最先端のテクノロジー」関連の講座に関心を示しているという。平均日間登録数による集計では、AI専門家アンドリュー・ングの「機械学習」「ニューラル・ネットワークと深層学習」、トロント大学の「機械学習のためのニューラル・ネットワーク」の3つのAI関連の講座がトップ10に入った。

ビットコインや電子マネーを可能にするブロックチェーンテクノロジーへの関心も、2017年のもう1つの傾向だった。コーセラでは、プリンストン大学の「ビットコインと暗号通貨テクノロジー」が5番目に人気の高い講座となった。

2017年は、分析的思考(Analytical thinking)やコンピューター・プログラミングについての講座にも需要があった。スタンフォード大学の「数理的思考入門」は第4位、ミシガン大学の「P …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る