KADOKAWA Technology Review
×
ロボットは2017年、
こんなに進化した
知性を宿す機械 The Year Robots Backflipped Their Way into Our Hearts

ロボットは2017年、
こんなに進化した

バク宙できる脚型ロボット、モノを効率よくつかめるピッキング・ロボ——。2017年もさまざまな進化を遂げたロボットの中から、未来を感じさせる注目の動きを振り返ろう。 by Will Knight2018.01.16

ロボット革命が始まった。今や知能を持ったマシンが、ショッピングモールや病院、路上を巡回し、果物の収穫から手術にいたるまで、ロボットはその腕前をめきめきと上達させている。自動化が人間の生活に変革をもたらそうとしているのだ。

バク宙ロボット

https://www.youtube.com/watch?v=fRj34o4hN4I

最近お披露目されたあるロボットはパルクールのような動作が可能で、後方宙返りも楽にこなす。このアクロバットなロボットを開発したのはボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)。その素早い身のこなしからは、人型ロボットを複雑で困難な環境に適応できるように、急速に進化させている様子がうかがえる。

2015年に開催された「DARPAロボティクス・チャレンジ」(同じロボットの初期型が、扉を開けたり、車から踏み出すといった簡単なタスクでさえ苦労していた)を見た人にすれば、バク宙は格段の進歩に感じられるだろう。しかし、このロボットが継続的にバク宙できるのか、また別の状況に対応できるのかは不明だ。

ボストン・ダイナミクスは、グーグルが2014年の大型投資で買収した注目のロボティクス企業の1つだ。創業者はマーク・レイバートで、動物のように脚を使って走行する脚型ロボットのダイナミック・バランシング・アルゴリズムの分野を切り開いたロボット工学者。以前はMITの教授も務めた。ボストン・ダイナミクスのロボットの卓越した動きを見ていると、まるで生きもののように思えてくる。

脚型ロボットは現在でも莫大なコストがかかり、商業化は難しい。そのため、2017年にグーグルがボストン・ダイナミクスを日本のソフトバンクに売却したニュースは少々驚きだった。それでもボストン・ダイナミクスはさらなる進展を見せており、2017年11月には「スポット(Spot)」という4足ロボットをお披露目した。同社が小型化と制御を着実に進化させていることが分かる。

器用なピッキング・マシン

ほかにも注目すべき進歩の例として、カリフォルニア大学バークレー校のケン・ゴールドバーグ教授のチームは、多様な物体を持ち上げられるロボット・アームを公開している。バークレー校のロボットの注目すべき点は、入念なプログラムや練習の繰り返しではなく、バーチャル物体とそれらをつかむ動作を収めた大規模なデータベースの学習によって、動作を覚えたことだ。その知識を利用して、未知の物体や変わった形の物を持ち上げることもできた。

物をつかむ動作は、今でもロボット工学 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る