KADOKAWA Technology Review
×
メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か
コネクティビティ At Least Three Billion Computer Chips Have the Spectre Security Hole

メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か

チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。 by Martin Giles2018.01.08

先だって明らかになったコンピューター・チップの二つの重大な脆弱性を修正するため、複数のテック企業が不休で作業を続けている。「メルトダウン(Meltdown)」と「スペクター(Spectre)」と名付けられたこれらの脆弱性を使うと、ハッカーはデバイス上で稼働する悪意あるアプリを利用してコンピューターのコア・メモリーからパスワードや暗号鍵などの機密情報を入手できる。

影響を受けるチップはどれだけ存在するのだろうか? はっきりした数字を示すことは難しい。しかし、これまでにテック企業が発表した情報やチップ業界のアナリストの見積もりによれば、現在使用されているコンピュータ、タブレット、および携帯電話に搭載されている少なくとも30億個のチップがスペクターの攻撃に対する脆弱性を持っていると思われる。2つの脆弱性を合わせると影響範囲はもっと広がる。

アップルによれば、アップル・ウォッチを除くすべてのMacとiOS製品が影響を受けるという。これらのデバイスは10億台程度存在する。グーグルは、グーグルのアンドロイドOSを搭載したガジェットが20億台を超えていると2017年5月に発表している。チップ業界の …

チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。
こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る