KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
Why Alphabet Thinks Minivans Make Perfect Self-Driving Taxis

グーグル、タクシーのドアは
自動開閉が便利と気付く

自動開閉式のドアは、自律運転型タクシーの必須機能かもしれない。 by Tom Simonite2016.08.25

アルファベット(グーグルの親会社)は最近、クライスラーとの協業で100台の自律ミニバン軍団を編成すると発表して多くの人を驚かせた。最先端のロボット工学テクノロジーと、地上のあらゆる車種で一番つまらないと思われている車種の組み合わせに、奇妙な印象があったからだ。

アルファベットのプロジェクトに所属しているハードウェア設計者ダニエル・ローゼンバンドが23日、フィアットのミニバン「パシフィカ」(電動開閉式のドアがついている)がなぜ好適なのかの理由を説明した。ローゼンバンドが半導体業界のカンファレンスHot Chipsで聴衆に述べたのは、アルファベットには、ユーザーが期待する自律走行タクシーの乗車体験を実現する必要がある、ということだ。

「私たちが気付いたのは、自動運転車から降りる時、乗客は、ドアを閉めることまで自動運転車がすると期待することです」

Alphabet will work with Fiat to modify 100 minivans like these to be capable of driving themselves.
アルファベットは、フィアットと共同で、ミニバン「パシフィカ」100台を自動運転対応に改造する

自律自動車は、ドアの自動開閉機能がないと乗客が慌ててドアを閉めずに去ってしまったとき、立ち往生してしまいかねない。出発前にどうにか人間の助けを求めて、ドアを閉めてもらう必要があるのだ。

ドア問題は、自律走行タクシー軍団を結成したいアルファベットなどの企業に、設計や乗車体験などで対処すべき課題がまだ多くあることを示している。現在の自動車は、人間による完全制御を前提として設計されている。また、利用者が自動運転車の運輸サービスにどのような体験を期待しているのかも不明なままだ。

ウーバーも同様の難題に取り組もうとしている。ウーバーは先週、ピッツバーグ(ペンシルベニア州)での一部の乗車リクエストに、試作型自動運転車(安全要員としてドライバーが運転席に同乗する)で対応することを発表した。

ウーバーは実証実験により、自動運転車の乗客がどう感じるのか、興味深いデータを得られる。ウーバーの設計担当役員は「目標は車内から運転手を排除することです」とBloombergで述べた。

ただし、ウーバーは、アルファベットのローゼンバンドがいう、ユーザーが期待する自動運転車の体験に応えられないだろう。ウーバーが実験で用いるボルボのSUVは、ドアの開閉が手動式なのだ。

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Recommendations for NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 まもなく開幕「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」、見どころは?
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
  5. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
トム サイモナイト [Tom Simonite]米国版 サンフランシスコ支局長
MIT Technology Reviewのサンフランシスコ支局長。アルゴリズムやインターネット、人間とコンピューターのインタラクションまで、ポテトチップスを頬ばりながら楽しんでいます。主に取材するのはシリコンバレー発の新しい考え方で、巨大なテック企業でもスタートアップでも大学の研究でも、どこで生まれたかは関係ありません。イギリスの小さな古い町生まれで、ケンブリッジ大学を卒業後、インペリアルカレッジロンドンを経て、ニュー・サイエンティスト誌でテクノロジーニュースの執筆と編集に5年間関わたった後、アメリカの西海岸にたどり着きました。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. Recommendations for NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 まもなく開幕「NIHONBASHI SPACE WEEK 2022」、見どころは?
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
  5. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る