1. レノボがディスプレイをARゴーグルに置き換えるスタートアップに投資した理由
    スタートアップ企業メタのメロン・グリベツCEOは、自社のディスプレイを手の動きで操作する拡張現実ゴーグルに置き換え、生産性を向上させようとしている。 Tom Simonite7年前

  2. VR映画の作り方は、映画監督よりゲームデザイナーや建築家に学ぶべき理由
    グーグルのVR映画製作者が考え出した、VRヘッドセット向け映画の質を高める手法。Elizabeth Woyke7年前

  3. 遺伝子流出による生態系崩壊を特許制度で防ぐ方法
    特許を利用して、実験室での遺伝子編集の作業を公開し、精査しようと、CRISPRの開発者が提案した。 Antonio Regalado7年前

  4. 地球温暖化で得をするのは誰か? 南アジアやアフリカで何が起きるか?
    気候変動によって社会が混乱したり、世界のGDPの大幅な低下といった経済的な損失が発生することが、最新の研究で判明した。 David Rotman7年前

  5. アップルがスマホ内のデータを捜査当局に開示すべきたったひとつの理由
    ニューヨーク州地方検事局のトップは、スマホ内の暗号化データへの捜査当局のアクセスについて、アップルに強制できると考えている。 Brian Bergstein7年前

  6. スタートアップ企業はどうすれば規制の強い分野で事業化できるのか?
    1776のレイチェル・ハオトは、起業家が規制への対応の仕方を学ぶには、政府職員と一緒に過ごすことだと語る。 Jamie Condliffe7年前

  7. 後発の自動運転車メーカーは、ライバルとどう差別化するのか?
    ネクストEV米国支社のパドマスリー・ウォリアCEOは、競合相手のひしめく分野でチャンスを狙う。 Nanette Byrnes7年前

  8. 出力が安定しない風力、太陽光発電を、どうすれば安定供給できるのか?
    環境に無害な送電網を支えるための安価で拡張可能な電池を世界は求めている。しかし、大きな障害が行く手を阻んでいる。 Jamie Condliffe7年前

  9. 深層学習よりさらに高度な機械学習を実現するヒントはどこにあるのか?
    米国政府の2800万ドルのプロジェクトでは、ネズミの脳を盗聴して人工知能(AI)研究に役立てようとしている Tom Simonite7年前

  10. なぜ自動運転車は人間ぽく動作する必要があるのか?
    ニュートノミーは、無人運転タクシーの「世界最大で最もお金をかけたフォーカスグループ」をシンガポールで運営している。 Will Knight7年前

  11. 失明状態の遺伝病を治療する米国初の遺伝子治療法が来年認可へ
    失明を引き起こす遺伝性疾患の治療法をスパーク・セラピューティクスが開発。FDAからの認可まであと一歩の段階にある。 Emily Mullin7年前

  12. Facebookのユーザーをさらに40億人増やす3つの方法
    フェイスブックは、人工衛星や成層圏を飛行するドローン、新しい無線ネットワークを利用して、インターネットに接続可能な人を増やそうとしている。 Tom Simonite7年前

  13. 電源なしで動作するIoTコンタクトレンズを作る方法
    周囲の無線信号を再利用するモノは、電源なしでインターネットに接続できる。 Tom Simonite7年前

  14. 「モノを持ち上げられるロボット」の実現はなぜ大騒ぎになるのか?
    視覚と操作が改善されれば、ロボットは工場だけでなく一般家庭でも導入されるかもしれない。 Will Knight7年前

  15. Pixelの背面に刻まれた「Phone by Google 」にグーグルの本気度が現れている
    ピクセルは、グーグルがイチから設計した初めての携帯電話で、人工知能(AI)によるパーソナルアシスタント機能を内蔵している。 Elizabeth Woyke7年前

  16. 事例:アップル 人工知能で出遅れた企業の挽回策
    カーネギーメロン大学の深層学習の専門家ルスラン・サラクディノフは、コンピューターが世界について学ぶスマートな方法を模索している Will Knight7年前

  17. 遊ぶの大好き!本格的ロボット玩具「コズモ(Cozmo)」
    MIT Technology Review、ロボット「コズモ」に出会う Tom Simonite7年前

  18. アルファベットとジョンソン・エンド・ジョンソンが目指す「神の手を持つ外科医ロボ」
    アルファベット(グーグル)とジョンソン・エンド・ジョンソンは人工知能による器用なロボットが、外科医の生産性を高めるという。 Tom Simonite7年前

  19. オバマ大統領:次期大統領はAIによって変化を強いられた国を統治する
    オバマ大統領は、自動運転自動車のような進歩には、たとえば仕事が減るといった否定的な側面が伴うという。 Will Knight7年前

  20. グーグル・ディープマインドが作業記憶付きのニューラルネットワークを開発中
    人間のようにパズルを解いてみせる人工知能。 Will Knight7年前

  21. 視覚障害者は、自律自動車を待ち望んでいる
    視覚障害者の権利を主張する人々が、企業や議員と、自分で運転できる自動車の開発について話し合っている。 Elizabeth Woyke7年前

  22. 不動産サイトでの導入が米国で始まり、バーチャル・リアリティはゲーム以外でも使えることを証明
    写真なみに美しいスキャン画像のライブラリーのおかげで、実質現実空間でもインターネットが使えるようになった。 Signe Brewster7年前

  23. モービルアイが自動車メーカーに走行データの提供を要求
    モービルアイの望みは、競合関係にある自動車メーカーが実際の道路上の走行データを提供し、自律自動車に安全な運転操作を学習するよう協力することだ。 Will Knight8年前

  24. ファナックがNVIDIAと提携 産業用ロボットに強化学習
    工場向けのロボットアームを製造していたファナックが、仕事を学習するロボットを作ろうとしている。 Will Knight8年前

  25. オキュラス・タッチとリフト
    組み合わせたら最高に楽しい
    オキュラスの新型ハンドコントローラは、実質現実の魅力を高める。 Tom Simonite8年前

  26. さよなら、ありがとう、
    グーグル・カードボード
    グーグルの新型携帯電話「ピクセル」とVRゴーグル「デイドリーム・ビュー」の組み合わせが、VR体験を身近にする。 Signe Brewster8年前

  27. グーグルの集団思考ロボット
    まずはドアの開け方を学習中
    他のロボットの学習内容をダウンロードすることで複雑なタスクをこなすロボットをグーグルの研究者が試験中。 Will Knight8年前

  28. カロリー計算アプリ
    写真撮影だけで品目検出
    ルーズイットは、アプリで食べ物を撮影すればカロリー数を推定できるというが、記者の場合はうまくいかなかった。 Signe Brewster8年前

  29. テック業界6社、
    AI規制阻止に業界団体設立
    テック業界が人工知能で団結した理由は、AI規制の阻止だ。 Will Knight8年前

  30. 1日でデザインから量産 ファスト・ファッションにロボット革命
    衣服の製造工程の大部分は、依然として手作業だ。現在、いくつかの衣料品メーカーは、自動化させたいと考えている。 Signe Brewster8年前

  31. Wikipediaで繰り広げられる
    ボット同士の壮絶な編集合戦
    Web上で活動するボットの実態はあまり解明されていなかったが、研究により、ボット同士で何年にもわたる「論争」が続いていたことがわかった。 Emerging Technology from the arXiv8年前

  32. 非武装の警備ドローンは警備員の職を奪えるか?
    侵入者への警告灯の発光とスポットライトの照射により、警備コストを減らす非武装の無人航空機がある。 Tom Simonite8年前

  33. 生き残るのは
    ウーバーか、トヨタか
    自動運転テクノロジーが未完であるうちは、自動運転の大規模展開は困難だ。 Will Knight8年前

  34. VRゴーグルは
    コードレスがいい
    パソコンと接続されていないと、VRの体験はずっとよくなる。 Tom Simonite8年前

  35. VRヘッドセット大誤算 人気の用途はNetflixとテレビ
    消費者が選んだのは3D作品より通常の2D映像だった。 Tom Simonite8年前

  36. ウーバーの無人タクシー実験
    試乗レポート
    ウーバーがピッツバーグで実証実験を始めた半自律型タクシーに乗ってみると、テクノロジーはまだ未熟であることを体験できる。 Will Knight8年前

  37. Siri開発元が次に目指すのは感情を読み取るボット
    人間のイライラを検出するとゆっくり話して人間に寄り添うバーチャルアシスタントが開発されている。 Signe Brewster8年前

  38. 無人タクシー実車へ 実証試験に自動車業界が注目
    自動運転テクノロジーが急速に事業化されているが、安全面ではあまり進展がない。 Will Knight8年前

  39. グランド・セフト・オート 自動運転車の教材に
    超現実的なコンピューター・ゲームは、現実世界について、AIのアルゴリズムが効率的に学習する手段になることがある。 Will Knight8年前

  40. いつも感じる、あれは機械の声
    肉声に聞こえる音声合成技術
    ディープマインドのニューラルネットワークを使った音声合成で、ついにコンピューターの声が人間らしくなった。 Jamie Condliffe8年前

  41. ガソリン車終了は2020年代
    電気自動車とテスラの戦略
    全世界でバッテリー生産量が急増することは、バッテリー単価の下落を意味するが、同時に、製造コストが下がることで、電気自動車市場の立ち上がりに貢献するかもしれない。 Jamie Condliffe8年前

  42. タクシーより自律トラック
    ウーバーが試験走行中
    サンフランシスコのベイエリアでは、24時間、ウーバーの自律トラックが試験走行中。 Tom Simonite8年前

  43. ゲイツが蚊の根絶に出資
    反対の環境保護団体も
    特定の種を根絶させる「遺伝子ドライブ」を巡って、環境保護運動が引き裂かれている。 Antonio Regalado8年前

  44. 物理法則を理解して
    推測できる人工知能
    ロボットや自動運転など、現実世界にあるモノを知覚的に認識し、何かを動作させる場合は、現実世界にあるモノがどう動くのか予測できれば、機械はもっと役に立つ。 Will Knight8年前

  45. 電池のイノベーション
    うまくいかない本当の理由
    電池系スタートアップは、なぜフル操業に達する以前に計画が頓挫してしまいがちなのか。 Richard Martin8年前

  46. 米、ドローン規制を29日緩和
    日本はチャンスを潰すのか?
    米国でドローンの規制が緩和され、新しいビジネスやサービスが生み出されようとしている。 Mike Orcutt8年前

  47. フェイスブックの偉業
    画像認識アルゴリズムに革命
    画像内の物体を個別に認識するフェイスブックのテクノロジーにより、Photoshopのような画像編集ソフトや、ポケモンGOのような仮想現実アプリが大きく進化する可能性がある。 Will Knight8年前

  48. 米デザイナーベビー規制
    ミトコンドリア病治療も禁止
    遺伝子編集を禁止する連邦議会の規制により、重篤な症状をもたらすミトコンドリア病を治療する遺伝子編集の臨床試験まで規制された。 Mike Orcutt8年前

  49. アップル、人工知能で苦戦
    原因は秘密主義と成功体験
    アップルが崇拝される元にもなっている秘密主義と徹底した製品改良の姿勢は、機械学習分野でアップルに人材が集まらない原因かもしれない。 Will Knight8年前

  50. グーグル、タクシーのドアは
    自動開閉が便利と気付く
    自動開閉式のドアは、自律運転型タクシーの必須機能かもしれない。 Tom Simonite8年前

  51. 完全ガッカリな自動運転
    実用化でも晴れの日専用?
    フォードやウーバー、BMWまで完全自律型自動車を5年以内に実現すると約束したが、5年後に登場するのは、限定された状況で完全に自律的な自動車になる可能性が高い。 Tom Simonite8年前

  52. 既存の自動車の自律化
    2019年からオプション装備で
    ゼネラルモーターズ(GM)系のテクノロジー子会社であるデルファイ自動車とイスラエルのマシンビジョン企業モービルアイの提携で、自動運転機能の後付けが可能になれば、現在販売中の自動車も自動運転対応にできるかもしれない。 Jamie Condliffe8年前

  53. 大きさ半分、寿命は2倍
    リチウム金属電池は来るか?
    従来品より2倍長持ちするバッテリーは、事業として軌道に乗るのか? Richard Martin8年前

  54. 刁瑩(イリノイ大学)
    課題 製造コストの低い可撓性太陽電池は、窓のようなものさえ含め、多種多様な表面に「印刷」する形で実現できる。ただし、必要となるポリマーは、太陽光を電気に変換する能力が今ひとつだった。より効率的に太陽光を電気に変換できる結 … MIT Technology Review Editors8年前

  55. 高偉(カリフォルニア大学バークレー校)
    カリフォルニア大学バークレー校の高偉研究員は、健康を管理するスウェットバンドを作った。 MIT Technology Review Editors8年前

  56. ステファニー・ランプキン(ブレンドア)
    ステファニー・ランプキンはシリコンバレーの従業員を、一般的な社会に近づけようとしている。 MIT Technology Review Editors8年前

  57. ソニア・バラブ(ブロード研究所)
    致命的な病気と診断されて、ソニア・バラブは治療法を追い求める科学者になった。 MIT Technology Review Editors8年前

  58. サマイ・コーリ(グレイオレンジ)
    インドのeコマース・ブームを盛り上げたグレイオレンジの共同創業者は海外進出を狙っている。 MIT Technology Review Editors8年前

  59. 曹慶(IBM研究所)
    曹研究員の発明は、シリコン製トランジスターをより効率の良いカーボンナノチューブに置き換えるという、IBMの10年以上にわたる計画を支えている。 MIT Technology Review Editors8年前

  60. ムイナトゥ・ベル(ジョンズ・ホプキンス大学)
    鮮明な画像を映し出すことで、がんをより早く、高い精度で発見できる。 MIT Technology Review Editors8年前

  61. マイジリー・クンダ(バンダービルト大学)
    マイジリー・クンダは、従来とは異なる手法で人工知能を創り出すヒントを自閉症スペクトラムから得た。 MIT Technology Review Editors8年前

  62. ケリー・サンダース(南カリフォルニア大学)
    干ばつに悩まされているカリフォルニア州の研究者は、水を使用するためのよりよい方法を探している。 MIT Technology Review Editors8年前

  63. ケリー・ガードナー(ゼフィルス・バイオサイエンス)
    ケリー・ガードナーは、バイオテクノロジーのスタートアップ企業が直面している主要課題に対処する方法を見つけ出した。 MIT Technology Review Editors8年前

  64. ジョナサン・ダウニー(エアーウェア)
    ドローン制御ソフトの開発者は、自律飛行機の長期にわたる成長を予感して起業した。 MIT Technology Review Editors8年前

  65. 顧嘉唯(バイドゥ)
    人工知能(AI)を専門にする顧嘉唯は、ストレスなくテクノロジーによる補助を提供するインターフェイスを設計している。 MIT Technology Review Editors8年前

  66. 朱嘉(南京大学)
    もし身の回りに綺麗な水がなかったらどうすればよいか。 MIT Technology Review Editors8年前

  67. ジャグディシュ・チャタベディ(インアクセル)
    ジャグディシュ・チャタベディ医師は、自身が発明家になった複雑な道のりを笑い飛ばしてしまう。 MIT Technology Review Editors8年前

  68. ヘザー・ボワーマン(ドット・ラボラトリーズ)
    治療における性格差を解消できるかもしれない、安価なホルモンテストを開発中。 MIT Technology Review Editors8年前

  69. エバン・シュピーゲル(スナップチャット)
    スナップチャットの共同創業者は、何か違ったソーシャルメディアを人々が求めていることを理解した。 MIT Technology Review Editors8年前

  70. エバン・マコスコ(ハーバード大学医学大学院)
    エバン・マコスコは、細胞が複雑な組織や器官をどのように作り上げているかを探る上でのブレイクスルーをもたらした。 MIT Technology Review Editors8年前

  71. ディネシュ・バラディア(MITコンピュータ科学・人工知能研究所)
    実現不可能と思われた電波の利用方法は、無線データの帯域幅を倍増させる。 MIT Technology Review Editors8年前

  72. デスモンド・ローク( シンガポール工科・デザイン大学)
    RAMやフラッシュ・ドライブは捨ててしまおう。より優れたタイプのメモリーが誕生した。 MIT Technology Review Editors8年前

  73. アダム・ブライ(スカイディオ)
    人の周りを飛び、空飛ぶアシスタントとして役に立つドローンを作る。 MIT Technology Review Editors8年前

  74. アレクサンドラ・ボイボディク(ペンシルバニア大学)
    コンピューターの達人が、環境に優しい化学を可能にする触媒の探索を加速させる。 MIT Technology Review Editors8年前

  75. ビビアン・フェリー(ミネソタ大学)
    ビビアン・フェリー助教授はナノ結晶で光を捕らえ、太陽電池の効率を向上させようとしている。 MIT Technology Review Editors8年前

  76. ジーン・ヤン(カーネギーメロン大学)
    パーソナル・データを安全な保存はプログラマー任せになっているのはおかしくないか? MIT Technology Review Editors8年前

  77. ケビン・エスベルト(MIT)
    新しい遺伝子編集手法を開発中の科学者は、その潜在的な危険性も警告する。 MIT Technology Review Editors8年前

  78. アリ・ロイスマン(グライド)
    なぜコミュニケーションの未来が手首にかかっているのだろうか。 MIT Technology Review Editors8年前

  79. メロン・グリベツ(メタ)
    拡張現実を夢見たメロン・グリベツは、ビジョンをビジネスにした。 MIT Technology Review Editors8年前

  80. エーサン・ホーク(ロチェスター大学)
    パーティーで人気者になりたければ、まずは機械に話しかけて練習しよう。 MIT Technology Review Editors8年前

  81. アレックス・ヘジー(PARC)
    アレックス・ヘジー研究員の新種のカメラがあれば、スマホで偽の医薬品や一番食べごろの桃を調べられる。MIT Technology Review Editors8年前

  82. 張一慧(清華大学)
    「起き上がる」ナノ構造により、ナノの世界で3次元構造のある物体を作りやすくできる。 MIT Technology Review Editors8年前

  83. クリスティーン・ホー(インプリント・エナジー)
    クリスティーン・ホーが設立したスタートアップ企業は、カリフォルニア大学バークレー校で自身が開発した薄くて柔軟性のある印刷可能な電池を事業化している。 MIT Technology Review Editors8年前

  84. ロナウド・テノリオ(ハンド・トーク)
    モバイルアプリ「ハンド・トーク」は、難聴者向けの手話通訳アプリだ。 MIT Technology Review Editors8年前

  85. オリオル・ビニャルズ(グーグル・ディープマインド)
    コンピューターにゲームのやり方を学習させるのは遊びの延長のようで、AIビジネスの根幹を担っている。 MIT Technology Review Editors8年前

  86. セルゲイ・レビン(カリフォルニア大学バークレー校)
    セルゲイ・レビンは、ロボット自身が成功を振り返り、反省して動作を改善できるようにした。 MIT Technology Review Editors8年前

  87. ノラ・アヤニアン(南カルフォルニア大学)
    より優れたロボットを作るにはどうすればいいのか考えたノラ・アヤニアンは、ロボットではなく、人間を研究することにした。 MIT Technology Review Editors8年前

  88. ウイルスを脳に注入すると
    パーキンソン病が治療できる
    「脳にウイルスを注入してパーキンソン病を治療する」というおどろおどろしい手法が、大きな成果を出している。 Antonio Regalado8年前

  89. 自動運転用の3D地図を
    従来型自動車に作らせよう
    人間が運転する自動車のセンサーで集めた地形情報を、自律運転自動車用の3D地図にするテクノロジーが、どの自動車メーカーに採用されるのだろうか。 Tom Simonite8年前

  90. 信号機メーカーに存続危機
    アウディが車路間通信の新車
    交差点の信号を廃止しても、スムーズに通過できるテクノロジーに至る、最初の一歩が実用化される。 Michael Reilly8年前

  91. 米3大学特許戦争に裏切り者
    遺伝子編集の超有力技術巡り
    数十億ドルの価値があるとされる遺伝子編集手法を巡る特許権争いに新証言。 Antonio Regalado8年前

  92. 没入型はゲーム専用?
    鉄道整備に簡易型AR
    列車整備士用スマートグラスは拡張現実で列車運行を効率化し、コストを減らす。 Elizabeth Woyke8年前

  93. インテルMS連合
    VRゴーグルを提供
    インテルの新型ヘッドセットは、VR世界に思わず手を突っ込みたくなる Tom Simonite8年前

  94. 20億ドルの人工知能
    2ちゃんねる(的な)で学習
    オープンAIの研究者が開発しているのは、Webを読み、ロボットを制御する実践を通じて、言語を学習できるアルゴリズムだ。 Will Knight8年前

  95. グーグルの自動運転責任者は
    なぜ辞めたのか?
    アルファベットの自動運転車の事業化が停滞しているように見える一方、競合他社のプロジェクトが追いついてきている。 Tom Simonite8年前

  96. VRで下半身を再稼働
    外骨格リハビリで新発表
    下半身不随の患者が、ロボット外骨格によるリハビリ後、一部の感覚と随意運動を取り戻した。 Ryan Cross8年前

  97. アマゾンの音声アシスタント
    Amazon Echoの実力と限界
    アマゾンは、アプリこそ音声認識スピーカーEcho成功の鍵だとわかっている。 Stacey Higginbotham8年前

  98. MSのHoloLens
    建設業界にイノベーション
    マイクロソフトのHoloLensを使って、建設業界が作業を確認し、高額の出費を抑えようとしている。 Elizabeth Woyke8年前

  99. 人工知能は掃除が苦手
    お掃除ロボはルンバ止まり?
    ハウスクリーニングロボが開発中。でも実現はかなり先になりそうだ。 Andrew Rosenblum8年前

  100. 難病を1回の治療で完治でも
    遺伝子療法は儲からない
    市場最も高価な薬か治療のバーゲンセールか? 遺伝子治療には療法の側面がある。 Antonio Regalado8年前

  101. インテル巻き返してる
    深層学習チップ企業を買収
    インテルの買収によって、ナバーナは人工知能用半導体チップの設計を急ピッチで進める。 Tom Simonite8年前

  102. 人工知能と言語
    言語を真に理解する機械があれば、信じられないほど便利だろう。しかし、人類はまだその構築方法を知らない。 Will Knight8年前

  103. 先物取引市場はどうなる?
    収穫量を人工知能で予測
    テルアスラボはNASAの画像や機械学習、専門知識を使って、農作物の今季の収穫量を正確に予測する。 Elizabeth Woyke8年前

  104. 感覚があり自己治癒する義手
    神経系接続まであと一歩
    スタンフォード大学のバオ教授の研究チームは、感覚器官と自己治癒力のある電子皮膚で義肢を覆い、ヒトの神経系に接続しようとしている。 Katherine Bourzac8年前

  105. ポケモンGOユーザー
    機械学習に騙される
    機械学習は、ネット犯罪の効率を高めるツールになることがポケモンGOで実証された。 Tom Simonite8年前

  106. シャオミがVRゴーグル新製品
    着せ替え可能で非マニア向け
    シャオミが、マニアではなく一般消費者向けに、布製のカバーを付け替えられるVRゴーグルを発表した。 Signe Brewster8年前

  107. テスラは革新を諦めない
    さらに高度な自動運転を追求
    より高度な自律運転システムは、自動運転自動車の到来を加速させる。 Will Knight8年前