KADOKAWA Technology Review
×
生命の再定義 Insider Online限定
Gene Therapy Could Make Cancer Care More Unequal, and This Map Shows Why

遺伝子療法の承認で広がる、がん治療の地域間格差

遺伝子療法のキムリアとイエスカルタが米国で昨年承認され、奇跡的な効果が報告されている。しかし、これらの療法による治療を提供しているのはまだ一部の都市に限られており、治療を受けられるかどうか患者がどこに住んでいるかに左右されるのが現状だ。 by Emily Mullin2018.01.29

2つの新しいがん治療法が奇跡的な効果を上げている。しかし、アーカンソー州やモンタナ州、そのほかいくつかの地方の州に住む人々、ましてや米国以外の人々は、数百、数千キロもの旅をしなければ治療を受けることができない。また、いずれはどこでも治療が受けられるようになるかと思えば、そうでもないようだ。

画期的な遺伝子療法であるキムリア(Kymriah)とイエスカルタ(Yescarta)が、米国で2017年に承認された。しかし、これらの治療にかかる1回の費用はキムリアで47万5000ドル、イエスカルタで37万3000ドルと非常に高額だ。そのうえ、今のところ一部の都市部でしか治療を受けられない。以下に、治療が受けられる都市を地図に示す(現在、キムリアの治療が受けられる場所は赤、イエスカルタの治療が受けられる場所は青、両方受けられる場所は緑、キムリアの治療が予定されている場所はオレンジで示した。左上のタブをクリックすると全ての場所のドロップダウン・リストが表示される)。

 

地図には、地方の州に大きな空白ができている。今でさえ、がんによる死亡率が都市部より高い地域だ。キムリアとイエスカルタはどちらも、従来の抗がん剤が効果を表さない場合の最後の手段となっているため、こうした地域に住む人々にとっては深刻な問題だ。患者がキムリアかイエスカルタの治療を受ける頃には既に症状が進行している場合がほとんどで、長距離移動が難しく、治療の遅れにつながりかねない。

公平を期すために言うと、ノバルティス(Novartis)が販売するキムリアとギリアド(Gilead)が販売するイエスカルタは、 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る