KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
血液検査で8種類のがんを発見、米ジョンズ・ホプキンス大
Fred Dubs, Johns Hopkins Medical Pathology Photograph
生命の再定義 無料会員限定
A Cheap and Easy Blood Test Could Catch Cancer Early

血液検査で8種類のがんを発見、米ジョンズ・ホプキンス大

ジョンズ・ホプキンズ大学が血液サンプルから8種類のがんの兆候を見つけられる検査を開発した。がんと診断された1005人から採取した血液で試したところ、検査の確度が最も高かった卵巣がんでは、98%の確率で検知できた。 by Emily Mullin2018.01.30

簡単な検査を受ければ身体に腫瘍が潜んでいるかどうか、さらには腫瘍がどこにあるのかまでわかるのが、現実になる日がぐっと近づいている。しかも費用はおそらく500ドルしかかからない。

ジョンズ・ホプキンズ大学が開発したこの新しい検査は、8種類の一般的ながんの兆候を探すものである。血液サンプルを手に入れるだけで済み、費用も十分安いので、医師が定期的な健康診断で使えるようになるかもしれない。

「この検査を一般に公開して、いくつかのスクリーニング検査センターを設立したいと考えています」と、ジョンズ・ホプキンズ大学のニコラス・パパドプロス教授はいう。「そのために、検査は安くて非侵襲的でなくてはならないのです」。

検査はまだ市販されていないが、がんに罹ったことのない退職年齢期の女性5万人を対象としたスクリーニング検査に使用される予定だ。この検査はペンシルバニア州の保険会社ガイシンジャー・ヘルス・システム(Geisinger Health System)が5000万ドルをかけて5年間で実施する研究の一部だと、ガイシンジャーのスポークスパーソン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る