KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
血液検査で8種類のがんを発見、米ジョンズ・ホプキンス大
Fred Dubs, Johns Hopkins Medical Pathology Photograph
生命の再定義 無料会員限定
A Cheap and Easy Blood Test Could Catch Cancer Early

血液検査で8種類のがんを発見、米ジョンズ・ホプキンス大

ジョンズ・ホプキンズ大学が血液サンプルから8種類のがんの兆候を見つけられる検査を開発した。がんと診断された1005人から採取した血液で試したところ、検査の確度が最も高かった卵巣がんでは、98%の確率で検知できた。 by Emily Mullin2018.01.30

簡単な検査を受ければ身体に腫瘍が潜んでいるかどうか、さらには腫瘍がどこにあるのかまでわかるのが、現実になる日がぐっと近づいている。しかも費用はおそらく500ドルしかかからない。

ジョンズ・ホプキンズ大学が開発したこの新しい検査は、8種類の一般的ながんの兆候を探すものである。血液サンプルを手に入れるだけで済み、費用も十分安いので、医師が定期的な健康診断で使えるようになるかもしれない。

「この検査を一般に公開して、いくつかのスクリーニング検査センターを設立したいと考えています」と、ジョンズ・ホプキンズ大学のニコラス・パパドプロス教授はいう。「そのために、検査は安くて非侵襲的でなくてはならないのです」。

検査はまだ市販されていないが、がんに罹ったことのない退職年齢期の女性5万人を対象としたスクリーニング検査に使用される予定だ。この検査はペンシルバニア州の保険会社ガイシンジャー・ヘルス・システム(Geisinger Health System)が5000万ドルをかけて5年間で実施する研究の一部だと、ガイシンジャーのスポークスパーソン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る