KADOKAWA Technology Review
×
抗生物質が効かない耐性菌
AI活用でファージに脚光
Adaptive Phage Therapeutics
生命の再定義 Insider Online限定
Faced with failing antibiotics, scientists are using killer viruses to fight superbugs

抗生物質が効かない耐性菌
AI活用でファージに脚光

抗生物質が効かない耐性菌の感染症に対して、その耐性菌に合ったファージを注射することで治療する手法が現実味を増している。DNAシーケンシングとAIによって適切なファージの選択がはるかに容易になったことから、実用化へ向けてスタートアップ企業が研究を進めている。 by Emily Mullin2018.02.05

制御不能な細菌感染によって死の危険に直面している患者に、新たな味方が現れるかもしれない。細菌に感染し、死に至らしめるウイルスである「ファージ」だ。DNAシーケンシングと人工知能(AI)の発達によって、スタートアップ企業数社が細菌の天敵であるこれらのウイルスを抗生物質の代わりに使用できるように研究を進めている。

抗生物質などの薬剤に対する耐性の高い細菌(耐性菌)が広がるにつれて、新しい代用品が切実に求められている。米国では毎年、約200万人が耐性菌に感染し、そのうち2万3000人が亡くなっている。

ファージは種類ごとに特定の種類の細菌に感染するため、ファージに対して耐性が強まる可能性は低い。ファージを利用して細菌感染と戦おうという考えは昔からあった。しかし、最近になるまで適切な種類のファージを選び出すのは当て推量でしかなかった。そのため、医者が患者にファージを注射しても、効果があることもあれば、ないこともあった。

よって現在は、ファージによる治療は感染症の症状が非常に重い場合にのみ最終手段として行なわれる。だが、DNAシーケンシングとAIによって、適切なファージの選択がはるかに容易になったことから、ファージによる治療が実用的な手段になりつつある。

「ファージを迅速にシーケンシングすることで …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る