KADOKAWA Technology Review
×
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Artists envisioned the future of work, and the results are pure fantasy

ダボス会議参加のアーティストが描く、2030年の新しい仕事6つ

テクノロジーが進歩するにつれて、人々の仕事が様変わりしていくことは避けられない。ダボス会議のパネル討論にインスピレーションを得たアーティストが、2030年に予想される仕事についてイラストで表現した。 by Erin Winick2018.02.28

仕事は変化している。それについて疑う余地はない。だが、技術の進歩が労働者にどのような影響を及ぼすのかというのは難しい質問だ。新たに生まれる職業となれば特にそうだ。

幸運なことに、将来可能になるであろう仕事のいくつかをアーティストたちが生き生きと描いてくれる。デジタル広告代理店のAKQAとミスク・グローバル・フォーラム(Misk Global Forum)のチームが、1月に開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)に参加し、いくつかのパネル討論会での議論から得たインスピレーションに基づいて、2030年までに存在しそうな仕事について描いた。

描かれた仕事の多くは、現実のものというよりはサイエンス・フィクションのようだ。だが、テクノロジーが実際に向かっていると思われる場所にしっかりと基づいているものもいくつかある。たとえば、「上部構造物のプリンター」や「国民性の保護活動家」はそれほど突飛だとは思えない。ゴミを貪り食う芋虫型機械のパイロットはどうだろう? こうした仕事が2030年よりも近い未来に登場することを願おう。

 

埋立処分場のリサイクル業者

製造業のローカル化によって、新しい製品で再利用するために既存の材料をゴミ処理場から回収する仕事。

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る