KADOKAWA Technology Review
×
消費者向けDNA検査に一大ブーム到来、広告費はソシャゲ並み
Courtesy of AncestryDNA
生命の再定義 Insider Online限定
2017 was the year consumer DNA testing blew up

消費者向けDNA検査に一大ブーム到来、広告費はソシャゲ並み

消費者直販型の遺伝子系図検査を利用する人の数が米国で急増している。業界トップ企業がテレビCMなどに投じる広告費は年間1億ドルを超え、DNA検査は今や、一大ブームの様相を呈している。 by Antonio Regalado2018.02.22

消費者直販型の遺伝子系図検査によってDNAの分析を受けた人の数は2017年には倍以上に増えた。業界の試算によると現時点で1200万人を超えるという。

検査を受けた人々のほとんどは米国在住者だ。今や、約25人に1人の成人米国人が自分の遺伝子データを利用できることになる。この数字によって、一連の新たな遺伝子分析サービスの提供に一層の拍車がかかりそうだ。

DNA検査のブームは値引き商戦の渦中から始まった。各社は年末の大規模な宣伝広告や値引きキャンペーンで、60ドル以下の検査や一人分の料金で2人が受けられる検査を提供したのだ。

「2016年の夏を皮切りに、そこからうなぎのぼりです」と消費者向け遺伝子ビジネスの起業家でDNAギークス(DNAGeeks)の創業者であるデヴィッド・ミットルマン博士はいう。

ユタ州にある遺伝子系図の検査会社、アンセストリー・ドットコム(Ancestry.com)は、これまでに700万人以上の検査を実施したことを2月上旬に発表した。そのうち200万人は2017年の最後の4カ月のものだという。 同社の利用者数は、競合他社全社の利用者数の合計を上回っている。2番 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る