KADOKAWA Technology Review
×
量子コンピューター時代も
インテルが勝てる
これだけの理由
知性を宿す機械 Insider Online限定
Old-fashioned silicon might be the key to building ubiquitous quantum computers

量子コンピューター時代も
インテルが勝てる
これだけの理由

量子コンピューターの開発競争では超伝導素子が有力で、シリコン素子は時代遅れのように見られている。しかし、シリコン素子は膨大な生産設備がすでにあることに加えて、最近では、キュービットの作成において有望であることを示す論文も発表されている。 by Martin Giles2018.02.22

何十年もの間シリコンチップは、あらゆる種類のコンピューティング機器の中核であった。しかし、信じがたいほど強力な新しいタイプの技術である量子コンピューターの開発競争では、他の材料にその座を譲ってしまっている。新たな進歩があれば、シリコンを今以上に魅力あるものにできるかもしれない。

理論上、シリコンは強力な次世代のコンピューターを構築する際の有力な候補になるはずだ。シリコン製コンピューター・チップの生産に適した膨大なインフラはすでにある。加えて、シリコンベースのアプローチを使って、キュービット、つまり量子ビットを作成する方法がすでに存在している。

キュービットは、量子コンピューターの基本となる構成要素だ。1つのキュービットは、同時に2つの状態(0 と 1)を取ることができ、これを重ね合わせと呼ぶ。重ね合わせによって膨大な量の並列処理が可能となり、最もパワフルな従来のコンピューターの能力を凌駕する。

しかし、シリコンベースのアプローチは、キュービットを作り出すための別の手段、例えば極低温まで冷やしたアルミニウムのような超伝導材料を使用する方法と比べて、今ひとつ人気がない。シリコンが敬遠されてきたのは、1つには、シリコンベースのアプローチで作り出すキュービットは制御が難しく、そのキュービットで構築する機械をうまく拡張できるかどうかが明らかでないからだ。

チップの巨大企業インテルは、「スピン・キュービット」によってそうした懸念に対処できる …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る