KADOKAWA Technology Review
×
グーグルがAR開発ツールを公開、第2の「ポケモンGO」は出るか
Google Press
コネクティビティ 無料会員限定
AR still doesn’t have a killer app, but Google’s ARCore is here to help

グーグルがAR開発ツールを公開、第2の「ポケモンGO」は出るか

グーグルがAndroidで動作する拡張現実(AR)アプリ開発ソフトウエア・ツールセットを公開した。Androidは巨大な市場を持つだけに、既存モバイル・アプリのAR版などで「ポケモンGO」に匹敵するキラー・アプリが登場するかもしれない。 by Martin Giles2018.02.26

本物のポルシェが家の前に停まっていなくても、今やスマホを使って拡張現実(AR)でバーチャル・ポルシェをポイッと出現させて、そのポルシェでかっ飛ばす疑似体験ができる。

そんな体験を実現するのが、グーグルのソフトウェア・ツールセット「ARコア(ARCore)」だ。ARコアを使えば、デジタル画像をモバイル機器のカメラを通した現実世界に重ね合わせるARアプリを容易に開発できるようになる。グーグルはこれまでARコアを一部の開発者向けにだけ提供していたが、2月23日、今後すべての開発者に公開すると発表した。

アップルとフェイスブックの両社は昨年、AR開発者向けのツールを発売した。居間でバーチャルの家具の配置替えをしたり、空中を浮遊するようなゲームをしたりするiPhoneアプリが現在出回っている。 しかしAndroid搭載スマホ市場の巨大さによって、開発者たちはモバイルARにこれまで不足していたものにようやく気づこうとしている。モバイルARが今、必要としているのは、誰もが飛びつきたくなるキラー・アプリなのだ。

最も有望なアプリはこれまでゲーム界に現れている。調査会社のセンサータワー(Sensor Tower)よると、アップルのARツールセット「ARキット(ARKit)」で構築されている …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る