KADOKAWA Technology Review
×
テクノロジーで変わる仕事の未来に労働者はどう備えるべきか?
Lawrence Jackson, White House photographer
ビジネス・インパクト 無料会員限定
How is America preparing for the future of work?

テクノロジーで変わる仕事の未来に労働者はどう備えるべきか?

テクノロジーが職場を変えようとしている今、未来に備えて米国の労働者ができる最善のことは「学校に行くこと」だという。経済学者ジェイ・シャンボーに仕事の未来をどう捉えるべきか、話を聞いた。 by Erin Winick2018.04.20

未来を見通すことは誰もできない。でも、未来がやってきた時に不意打ちを食らうことにならないよう、準備しておくことは可能だ。テクノロジーが米国の職場を変えようとしている現在においては、なおさらである。

MITテクノロジーレビューはジェイ・シャンボーと話す機会を得た。ハミルトンプロジェクト(広範な経済成長をもたらす、エビデンスに基づいた政策提言と分析を提供するブルッキングス研究所のプロジェクト)の役員であり、またオバマ前大統領の経済諮問委員会のメンバーでもあった人物だ。シャンボーに、今後の展望とそれに対してどのように準備すべきかについて聞いた。

——未来の職場によりよく備えるために、個々の労働者は何ができるでしょう?

最も馬鹿げていて、なおかつ最も正直な答えは、学校に行くことです。経済全体でみれば、教育だけでは賃金アップの問題 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る