KADOKAWA Technology Review
×
セキュリティ研究者に朗報、マルウェア検出AIの訓練データセット
知性を宿す機械 With this tool, AI could identify malware as readily as it recognizes cats

セキュリティ研究者に朗報、マルウェア検出AIの訓練データセット

進歩の速いマルウェアに対抗するための取り組みとして、人工知能(AI)の利用が進んでいる。4月に公開されたマルウェア検出AIの訓練用の大規模データセットは、こうした取り組みの助けとなるだろう。しかし同時に、AIに検出されないマルウェアを作成するのにも役立つ一面を持つ。 by Jackie Snow2018.05.23

ランサムウェアからボットネットまで、マルウェアは無限と思われるほどさまざまな形態をとり、しかも際限なく増殖している。コンピューターをマルウェアから保護する人たちもがんばってくれてはいるものの、猛攻撃に溺れかけている。そこで、強力な助っ人として目を向けられているのが、人工知能(AI)だ。

ただし、1つ問題がある。機械学習には膨大な量のデータが必要なのだ。コンピューター・ビジョンや自然言語処理などであれば、大規模なオープンソースのデータセットが利用できるからその点は大丈夫だ。そうしたデータセットを使って、たとえば猫はどういう見た目をしているかとか、ある単語が他の単語とどのように関係しているかといったことをアルゴリズムに学習させられる。だがマルウェアの世界には、これまでのところ、そんなものは存在しなかった。

サイバーセキュリティ企業であるエンドゲーム(Endgame)は4月後半、エンバー(EMBER:Endgame Malware Benchmark for Research)と呼ばれる大規模なオープンソース・データセットを発表した。エンバーは無害なファイルと悪質なファイルからなる100万以上ものWindows互換の実行ファイルのデジタル表現を集めたデータセットだ。 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る