KADOKAWA Technology Review
×
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Data mining confirms that culture makes cities richer

都市の繁栄には「文化」が必要、ビッグデータ分析で判明

都市の繁栄は経済だけで決まるわけではない。英国ケンブリッジ大学のデシスラーヴァ・フリストヴァを中心とする研究チームは、フリッカーの写真150万枚をデータマイニングし、文化的な活動がロンドンとニューヨークの各地域の繁栄にどう貢献したかを明らかにした。 by Emerging Technology from the arXiv2018.04.25

現代の都市に関する謎の1つは、投資、雇用、所得といった経済的要因だけでは、都市の繁栄の説明がつかないということだ。

フランスの人類学者ピエール・ブルデューは、この謎の解明に役立つアイデアを20世紀のうちに見出していた。ブルデューによれば、都市の繁栄は、教育、知性、知識といった文化的な要素の結果でもある。ブルデューはこれらを「文化資本」と名付け、文化資本が人民の成功に決定的な役割を果たしていると論じた。

おそらく、都市の成功は経済発展だけでなく文化資本に左右されるのだろう。これまでの逸話を見ると正しそうである。クリエイティブな人材や産業を呼び込んで、どうということがない地域が繁栄した例がたくさんあるからだ。

だがこの説は証明が難しい。経済的投資は測定が容易だが、文化資本は測定しにくい。文化資本が都市の繁栄に与える影響を比較するには、文化資本を測る確かなやり方が必要だ。

英国ケンブリッジ大学の博士後期課程に在籍するデシスラーヴァ・フリストヴァを中心とする研究チームは、文化資本の量と、文化資本による都市の繁栄への貢献を数値化する手法を見付け出した。

フリストヴァたちの手法はフリッカー(Flickr)に投稿された写真を利用する。さまざまな創造的活動(広い意味での文化)に結び付く単語がタグ付けされた写真だ。単語の例は、広告、マーケティング、建築、出版、工芸品、映画、テレビ、音楽といったものである。

フリストヴァたちはフリッカーで、文化に関連する単語がタグ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る