KADOKAWA Technology Review
×
50億人が影響、気候変動で増大する熱波にどう備えるか?
Chris Hondros | Getty
持続可能エネルギー 無料会員限定
How to prepare cities and citizens for more killer heat waves

50億人が影響、気候変動で増大する熱波にどう備えるか?

人的要因による気候変動に伴い、異常気象による猛暑は今後、より頻繁に発生するようになり、被害は増大するだろう。極端な気温が予測される地域では、熱波に襲われた際の行動計画などの対応策を決めて、被害を軽減するために準備をしておく必要がある。 by James Temple2018.05.31

熱波は世界で最も過酷な自然災害の1つだ。米国では、熱波による死者の数はハリケーンと竜巻、地震を合わせた人数より多い。人的な要因による気候変動の頻度と強度が増すに伴い、熱波による被害は拡大する一方だ。

私たちはこれから先、殺人的な熱波に対し、どのような備えができるだろうか?

良いニュースがある。一続きの猛暑や急激な寒波はかなりの部分、予想が可能だという。そして、「極端な気温に対して早期に行動を取ることで、世界中の生命が救われることが示された」と学術誌エンバイロンメンタル・リサーチ・レターズ(Environmental Research Letters)に5月2日付けで掲載された報告書に記されている。

研究者たちは天候予測モデルを分析した結果、50億人近い人々が、極端な高温が予測される地域に住んでいることが分かったという。これは少なくとも、早期警告システムと行動計画を確立するチャンスである。研究によると、熱波に襲われたときの対応策として、飲料水の供給や冷却シェルターの設置、高齢者をはじめとする被害を受けやすい市民の安否確認などが考えられるという。

報告書の第一著者で赤十字・赤新月社気候センター(Red Cross Red Crescent Climate Centre)の気候科学チームを率いるエリン・コフラン・デ・ペレス局長は「世界中の熱波および寒波から生じる多 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る