KADOKAWA Technology Review
×
コネクティビティ 無料会員限定
Meet the blockchain for building better widgets, cheaper and faster

製造業とブロックチェーンの「出会い」で何が起きるのか?

製品設計者と製造業者がブロックチェーンによって「信頼税」の軽減を図ろうとしている。製造部門の未来へ向けた小さな一歩が動き出した。 by Mike Orcutt2018.10.21

ブロックチェーンがあらゆる業界に変革をもたらそうとしている中、ブロックチェーン・テクノロジーを活用する製造業の未来像もまもなく具現化されそうだ。性能が保証された機械を相互にネットワーク化し、新しい設計仕様を相互に共有・交換したり、世界中の工場に散在した機械がより良い新製品を絶えず人の目に触れずに次々と製造したりするようになるかもしれない。

ノースカロライナ州立大学の研究室で、そんな未来の実現に向けた小さな一歩が踏み出された。

ノースカロライナ州立大学の研究グループは許可型のイーサリアム(Ethereum)を使い、コンピューター数値制御機械(CNC)を小さなブロックチェーン・ネットワークに接続した。CNCは、あらゆる工場で部品製造に使われている多用途機器の1つだ。その後、研究グループはスマート・コントラクトを使って、接続したCNCのデータを自動的に記録し、ブロックチェーンでデータを共有できるようにプログラムできることを示した。このケースでは、CNCが8時間連続で稼働できるかどうかを検証する。

研究リーダーを務めたビニ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る