KADOKAWA Technology Review
×
100万人調査で判明した
遺伝子と学歴の関係
Getty/Andreas Rentz
生命の再定義 Insider Online限定
Million-person genetic study finds gene patterns linked to how long people stay in school

100万人調査で判明した
遺伝子と学歴の関係

40の機関から集まった研究チームが、100万人分以上の遺伝子プロファイルを使って学歴と遺伝子の関係を表す「遺伝子スコア(得点)システム」を作成した。5段階評価で教育レベルを大まかに予測できるという。 by Antonio Regalado2018.07.30

人間の認識力に関する史上最大規模の遺伝子調査によって、学歴と遺伝子の間に1000以上の関連があることがわかった。

40の機関から集った研究者が、110万人のDNAを用いて実施した研究により、DNAを調べることでその人の教育レベルを大まかに予測できる遺伝子スコア・システムを作成した。

遺伝子スコアが最も低い人は、大学を卒業する可能性が10%しかない。一方、5段階で最も高い遺伝子スコアを持つ人では、その確率が50%になる。

人々の最終学歴が遺伝子によってある程度決まることは驚くには値しない。たとえば、別々に育てられた一卵性の双子の研究では、最終学歴が驚くほど似ていることが明らかになっている。しかし、最近になるまで科学者は、人間の振る舞いに影響を及ぼす遺伝子を特定するツールを持っていなかった。

変化をもたらしたのは、研究者が以前よりもずっと大人数の人を対象に研究を実施できるようになったことだ。これにより、ゲノムのわずかな違いに正確に焦点を当てることができるようになった。ゲノムが一緒くたに作用することで、どのようにして、その人の身長や、糖尿病などの一般的な病気にかかる可能性、さらには賢さをどう決めているかが分かってきたのだ。

「この論文は、新しい種類の社会科学研究における画期的な論文となるでしょう。新しい遺伝子技術を有効に活用した非常に素晴らしい研究です」とバージニア大学の心理学者で …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る