KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
ニュース 無料会員限定
Hordes of research robots could be hijacked for fun and sabotage

人気のロボットOSに脆弱性、「乗っ取り」の恐れ

世界中で利用されているロボット向けOSの脆弱性によって、研究室にある無防備なロボットが乗っ取られる可能性がある。 by Will Knight2018.07.26

世界中の研究室にある実験用ロボットの多くが、ハッカーたちに無防備な姿を晒している可能性がある。

ブラウン大学のステファニー・テレクス助教授の研究チームは、「ROS」が動く機械についてインターネット上でスキャンした。ROSは多くの研究用ロボットで使われている人気のオープンソース・オペレーティング・システムである。テレクス助教授と研究チームは、100件以上のシステムが外部からのアクセスの危険にさらされており、インターネット上で操られる可能性まであることを発見した。

テレクス助教授はこれらの脆弱なシステムが、いたずら好きのネットユーザーに格好のターゲットとなる可能性があるという。本物のロボットを操縦できるからだ。それにとどまらず、国家主導のハッカーが、データ窃取や研究妨害をしたり、事故を起こすことを目的にロボットを操ろうとしたりする可能性もあるという。

今後、事態はますます悪化する可能性がある。「ロボット工学はさらに進化し、世界中に広まります。これらのシステムを、安全な方法で確実に守ることが重要となります」とテレクス助教授は述べる。

ブラウン大学の研究チームは、所有者同意の下、ワシントン大学にある1台のロボットの乗っ取りに挑んだ。彼らはロボットのセンサーを読 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る