KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2019年10月の記事

  1. Google contract workers voted to unionize. The law may make next steps tricky.
    グーグルの業務委託者が労組加盟、「制度の壁」破れるか
    グーグルを支える業務委託の技術者たちが、正社員と同等の待遇を求めている。一部の業務委託者は労働組合への参加を決めたが、現在の米国の法制度では組合への参加を理由に契約の解除も可能だという。 by Angela Chen2019.10.31
  2. 米通信品位法230条、現代ネット社会を作った法律の光と陰
    米国通信品位法230条は、現在のインターネットの興隆を招いたともいわれている。サイト運営者は、問題のあるコンテンツが投稿されても、責任を負う必要がないのだ。しかし、現状はテック企業がその免責にあぐらをかいて、適切なコンテンツのモデレート(投稿監視)を怠っているとの批判がある。230条とは何か、何が誤解されているのか、政治的な論点は何かを詳しく解説する。 by Angela Chen2019.10.30
  3. 人々のプライバシーを侵害し、差別を助長する可能性があるとして、顔認識テクノロジーの使用を禁止する動きが米国で広がっている。その大半は司法当局を対象としたものだが、民間企業による監視を抑制しようという動きも高まりつつある。 by Angela Chen2019.10.15
  4. ディープフェイクがより巧妙化する中、企業は検知テクノロジーの開発を急いでいる。しかし、社会や法律による解決策なしに、その潜在的な被害をなくしていくことはほとんど不可能だ。 by Angela Chen2019.10.9
  5. 「ドライバーは従業員ではない」ウーバーの主張はどこまで通るか
    ギグワーカーを従業員に位置付けるとしたカリフォルニア州議会の決定は、配車サービス企業に代表されるギグワーカーに頼る業界を震撼させた。ウーバーやリフトは、9000万ドルを投じるキャンペーンを実施し、従業員でも請負業者でもない、労働者の「第3のカテゴリー」を設けることで、この決定に対抗しようとしている。 by Angela Chen2019.10.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る