KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

シリコンバレー 2021年4月の記事

  1. Why it’s a mistake to bet against Silicon Valley
    シリコンバレー「終わりの始まり」説は信用できるか
    ムーアの法則が終わりを迎えたとはいえ、シリコンバレーはソーシャルメディアや機械学習といった技術で「世界の技術の中心」であり続けている。しかし今のところ、機械学習に次ぐ、シリコンバレーの成長をけん引する技術は見当たらない。いよいよシリコンバレーは終わりを迎えるのか。あるいは過去に何度もあったように、思わぬ幸運が訪れるのか。 by John Markoff2021.4.29
  2. フェイスブックから5億人超の情報漏えい、過去データ再流出か
    フェイスブックユーザー5億3300万人分の電話番号、電子メールアドレス、居住地、氏名、生年月日を含む個人データが、オンラインから無料で入手できる状態になっていることが明らかになった。同社によると、これらのデータが漏えいしたのは2019年9月以前であるという。 by Charlotte Jee2021.4.8
  3. テック業界を支える労働者たちがコロナ禍で労組結成に動く理由
    3月末に、アマゾンで労組結成に対する従業員の意見を問う投票が実施された。多数の従業員を擁する巨大テック企業における労組結成の動きは何を意味するのか、他の企業にどんな影響をもたらすのか。 by Eileen Guo2021.4.8
  4. ディープフェイクの偽「アマゾン社員」登場、労組結成投票に混乱
    米国で、アマゾン倉庫の労働者を名乗って同社の労働環境を過度に弁護するツイッターの偽アカウントが複数登場し、話題になっている。ディープフェイクのプロフィール画像が使われ、こうしたトレンドが広がっていることが懸念される。 by Karen Hao2021.4.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る