KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

コンピューティング 2021年8月の記事

  1. Apple says researchers can vet its child safety features. It’s suing a startup that does just that.
    アップルが発表した児童性的虐待画像の検出機能は波紋を呼んでいる。アップルは同社が不正な検閲を実施していないか検証できると主張しているが、一方でセキュリティ企業を排除したり、そもそも研究者による精査が難しいソフトウェアを作ったりしている。 by Patrick Howell O'Neill2021.8.24
  2. 中国のハッカー集団、イランになりすましてイスラエルを攻撃
    イランの関与を匂わせていたイスラエルを狙ったハッカー集団の正体は、中国の工作員によるものだと判明した。セキュリティ研究者は現時点では偽装工作は検出可能だという。 by Patrick Howell O'Neill2021.8.17
  3. 「プライバシーのアップル」は児童ポルノ検出機能でどう変わるか?
    アップルは、ユーザーのアイフォーン内にある児童性的虐待画像を検出する新しいテクノロジーを発表した。今年中に米国で導入する。同社はプライバシーは保護されると主張しているが、賛否両論が渦巻いている。 by Patrick Howell O'Neill2021.8.11
  4. 主張:テック業界はもっと女性の声を聞くべきだ
    コンピューター業界において、女性の功績はこれまで不当に低く評価されてきた。女性は、話を聞いてもらえることより沈黙させられることがほとんどで、それは現在でも変わっていない。by Mar Hicks2021.8.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る