KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

ブロックチェーン 2022年5月の記事

  1. Crypto millionaires are pouring money into Central America to build their own cities
    暗号通貨で巨額の資産を築いた投資家たちが、社会をゼロから構築する大胆な「ビットコイン・シティ」計画を中米で進めている。だが、コミュニティを豊かにするとの謳い文句とは別に、実際には搾取の歴史を繰り返すことになるかもしれない。 by Laurie Clarke2022.5.24
  2. ステーブルコイン大暴落の衝撃、暗号通貨に「冬の時代」到来か?
    安定した価値を保証するはずのステーブルコイン「テラ(UST)」の大暴落は、暗号資産の世界に大きな衝撃を与えた。暗号資産の価値が理論上のものだけだとしたら、人々が信じることをやめたらどうなるのだろうか。 by Rebecca Ackermann2022.5.18
  3. 暗号資産関連企業は、ド派手なテレビCMや屋外広告を打つことで、より大勢の人を暗号資産取引に参加させようとしている。だが、彼らが謳う「金融革命」に現実味はなく、現時点で一般市民が賛同する必然性はなさそうだ。 by Rebecca Ackermann2022.5.12
  4. アメリカ先住民のための暗号通貨「マザコイン」開発者の夢
    暗号通貨「マザコイン」を立ち上げたハリスは、アメリカ先住民のための主権通貨システムを構築するという夢を抱いている。通貨は立ち上げ以来、浮き沈みを繰り返しているが、彼の夢は当初よりも明確化しているようだ。 by Tate Ryan-Mosley2022.5.9
  5. ブロックチェーン金融「DeFi」は銀行に代わる選択肢になるか?
    銀行などの既存の金融機関よりも低金利で借りられることが多い非中央集権型金融(DeFi)ローンが注目されている。だが、メリットの裏にはリスクもある。DeFiは今後の主流となれるのだろうか。 by Tisya Mavuram2022.5.8
  6. The MIT researcher who helps senators understand digital currencies
    暗号通貨と中央銀行をつなぐ、MIT「お金の未来」研究者の挑戦
    MITデジタル通貨イニシアチブのナルラ所長は、暗号通貨の世界と中央銀行の世界の橋渡しをするために奮闘している。中央銀行の後ろ盾のある暗号通貨ができれば、社会的に不利な立場にある人々に役立つ可能性があると考えているからだ。 by Ashley Belanger2022.5.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る