KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2022年11月の記事

  1. A big settlement for one Chinese-American scientist won’t end wrongful prosecutions
    中国テック事情:スパイぬれ衣の研究者、10年の闘争が残したこと
    中国系科学者たちは長らく米国政府の差別的な標的になってきた。和解を勝ち取ったシェリー・チェンの事例は、それに対抗するのがいかに難しいかを示している。by Zeyi Yang2022.11.25
  2. スパイ扱いで人生を台無しにされた中国系科学者、米商務省と和解
    差別的な捜査によってFBIにスパイ容疑をかけられ、起訴された中国系米国人科学者が、米国政府とこのほど和解した。弁護団は「政府も差別をすれば責任を問われることが明確になった」と話している。 by Eileen Guo2022.11.18
  3. 中国テック事情:ロシアを劣化コピーする中国のネット工作
    中国を拠点とするボットネットが米国の選挙への干渉を試みているとの報道がなされた。緊迫する米中関係の変化について、識者と議論した。by Zeyi Yang2022.11.16
  4. 数千機もの小型のドローンが群れとなって協調して行動し、敵地を攻撃するプロジェクトを米軍が進めていることが分かった。ドローンが群れとなって行動すると、戦争の戦い方はどのように変わるのだろうか。 by David Hambling2022.11.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る