KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

人間とテクノロジー 2023年5月の記事

  1. Teachers in Denmark are using apps to audit their students' moods
    子どものうつ病、自傷行為、自殺などが増える中、デンマークの公立学校では子どもの幸福度を把握・向上するアプリの導入が進んでいる。教育現場からは歓迎する声もある一方で、専門家は逆効果になる可能性やデータ・プライバシーの問題を懸念している。 by Arian Khameneh2023.5.29
  2. ナイアンティック「たまごっち風」AR、ポケモンGOの再来なるか
    ポケモンGOで一世を風靡したナイアンティックが、新作ARゲーム「ペリドット」の配信を開始した。「たまごっち」を現代風にアレンジしたというゲームは、ポケモンGOに続くヒット作になるか。 by Tanya Basu2023.5.24
  3. VRに「匂い」をもたらすパッチ型のウェラブル・デバイス
    中国の研究チームが、複数の匂いを再現するウェアラブル・デバイスを開発した。実質現実(VR)の世界で匂いが感じられるようになる日は案外、近いかもしれない。by Tanya Basu2023.5.15
  4. 生産性マニアが「Notion」で生活の95%を回す理由
    業務用アプリの「ノーション(Notion)」が人気だ。特に生産性にこだわる人たちの間で、私生活のタスク管理にまで利用する動きが広がっている。 by Rhiannon Williams2023.5.4
  5. 生前に録音した音声やメール、テキスト・メッセージなどをAIで処理して生成する「バーチャルな故人」を提供する企業が現れ始めている。まだ完全なものとは言いがたいが、故人を思い出させるには十分な能力を備えている。遺族に何をもたらすのだろうか。 by Charlotte Jee2023.5.2
  6. Inmates are using VR to learn real-world skills
    米刑務所がVRを導入、社会復帰プログラムに活用
    コロラド州のある刑務所では、受刑者の社会復帰を促すために、実質現実(VR)技術を使った受刑者向け訓練が実施されている。ただし、その効果についての意見は現段階では分かれている。by Daliah Singer2023.5.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る