KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

ビジネス 2024年4月の記事

  1. eMook Vol.60 has just arrived
    eムック「世界を変える10大技術[2024年版]」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.60 / 2024.04をリリースした。「世界を変える10大技術[2024年版]」特集をお届けする。 by MIT Technology Review Japan2024.4.30
  2. 建築家のエミリー・ベイカーが開発した構造システムは、さまざまな用途への応用が期待されている。建築分野をはじめ、宇宙開発や災害復興でのシェルターの構築でも利用できるかもしれない。 by Sofi Thanhauser2024.4.30
  3. 中国が圧倒的シェアを占める太陽光パネルの生産を米国に移す動きが現実化してきた。大手メーカー、カナディアン・ソーラーの創業者は、米インフレ抑制法のインセンティブは、製造コストのギャップを埋めるのに十分だという。 by Zeyi Yang2024.4.26
  4. 米ヤフーが設立した人権基金は、中国の反体制派を支援する目的で設立された。だが、その不明瞭な資金の動きに対する訴訟では、実際の支援に用いられた資金はごくわずかだった可能性が明らかになっている。by Eileen Guo2024.4.21
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る