KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

生物工学/医療 2024年7月の記事

  1. IVF alone can’t save us from a looming fertility crisis
    不妊治療技術が少子化対策の万能薬にはならない理由
    体外受精(IVF)などの不妊治療技術は、子どもを持てないとあきらめていた人々の救いとなっている。だが、少子化危機の解決策としては、これらのテクノロジーだけでは十分ではない。 by Jessica Hamzelou2024.7.24
  2. 生成AI時代のゲームは神経科学の研究にどう役立つか?
    神経科学者や心理学者は以前から人間の心を研究するためにビデオゲームを活用してきた。大規模言語モデルを活用したAIビデオゲームは、さらに多くの謎を解くツールとなり得るのか。 by Jessica Hamzelou2024.7.9
  3. 臓器を模倣した「臓器チップ」が、疾患の理解や新薬の開発、個人に合わせた治療法の開発などに使われている。臓器チップは動物試験への依存を減らし、新薬開発や希少疾患の研究を変革する可能性がある。 by Harriet Brown2024.7.8
  4. 「考えるだけで動かせる」MIT開発のバイオニック義肢
    MITの研究チームは、神経インターフェイスを装備し、装着者の思考によって動きを制御できる義肢を開発した。この義肢を装着した被験者は、通常の義肢を装着した場合よりも速く歩いたり、障害物をより機敏にかわしたりできるようになった。 by Sarah Ward2024.7.4
  5. eムック Vol.62「CRISPR療法実用化 遺伝子編集がもたらす医療革新」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.62 / 2024.06をリリースした。特集は「CRISPR療法実用化 遺伝子編集がもたらす医療革新」。 by MIT Technology Review Japan2024.7.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る