KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
ジェイソン ポンティン 7 Stories
プロフィールを見る
  1. MIT編集長が考える、アメリカを再び偉大な国にする方法
    トランプ大統領が議会に要求した予算構想どおりに米国政府の研究助成金が削減されれば、アメリカでイノベーションの動きが止まる可能性がある。研究開発費は増やすべきで、減らしてはいけないのだ。 Jason Pontin7年前
  2. MIT Technology Reviewのジェイソン・ポンティン編集長が、荒らしとの長年の戦いとコメント機能運用ルールの改定について説明している。日本版はまだユーザー数が少なく、日本の文化もあってコメントはあまりつかないが、米国版同様に運用する。 Jason Pontin7年前
  3. 2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって
    2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって、米国版のジェイソン・ポンティン編集長が、選考の背景について説明する。 Jason Pontin8年前
  4. グーグルの
    VR作品責任者が語る
    映像体験の未来
    VRと従来の映像作品は何が違うのか? グーグルでVR作品の責任者を務める人物にMIT Technology Reviewのジェイソン・ポンティン編集長がインタビューした。 Jason Pontin8年前
  5. 情報格差の是正は貧困対策であり、難しいからと放置できない
    インターネットが利用できないことで貧困から抜け出せず、貧困であるがゆえにインターネットが利用できない。インターネット接続を普及させることは、経済政策でもあり、社会福祉政策でもあるのです。 Jason Pontin8年前
  6. 産業政策はイノベーションを加速できる
    産業政策を成功させることは困難だが、正しく成功した場合、重大な問題を解決する素晴らしい手段となる。 Jason Pontin8年前
  7. 70歳以上のイノベーター7人
    イノベーションは若者だけのものではないことの証拠。 Jason Pontin8年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る