ジェイソン ポンティン[ Jason Pontin ]

MIT Technology Reviewの編集長兼発行人です。編集部門だけではなく、プラットフォームの開発、紙とデジタルの会社の全般的な事業戦略、イベントまで担当しています。2004年にMIT Technology Reviewに参画する以前は、休刊してしまったバイオテクノロジー誌の創刊編集長でした。1996年から2002年までは、レッド・ヘリング誌(ウォールストリートジャーナルには「ドットコムブームの聖典」と呼ばれました)の編集者でした。育ったのは北カリフォルニアで、母はサンフランシスコのレストラン向けに狩猟鳥を育てていました。ただし、教育を受けたのはイギリスで、ハロウスクールとオックスフォード大学で学びました。その結果、私の英語のアクセントはあり得ないくらいに変わってしまいます。
  1. 2017.02.23 2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって
  2. 2017.02.15 グーグルの
    VR作品責任者が語る
    映像体験の未来
  3. 2016.12.28 情報格差の是正は貧困対策であり、難しいからと放置できない
  4. 2016.10.19 産業政策はイノベーションを加速できる
  5. 2016.08.24 70歳以上のイノベーター7人