KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Thinking Behind the 10 Breakthrough Technologies

2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって

2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって、米国版のジェイソン・ポンティン編集長が、選考の背景について説明する。 by Jason Pontin2017.02.23

MIT Technology Reviewは毎年、前年に大きなブレークスルーを果たした10のテクノロジーを選んでいる。どのテクノロジーも、各分野で明らかな進歩のあったイノベーションである。

MIT Technology Reviewは2002年から最も影響力のあるテクノロジーのリストを毎年発表してきた。ただし、間違うこともある。以前、ソーシャルメディアとテレビ放送が融合する (「ソーシャルテレビ」参照)と予測したがそうはならなかった。ソーシャルメディアとテレビ放送は同時に体験できる別々のメディアであり、アメリカ人は大統領候補の討論会をテレビで見ながら、自分の印象をツイートした。間違ったというより、早すぎたことも多い。医師が患者の腫瘍の突然変異のゲノム配列を分析し、最も役立ちそうな医薬品を適合させるがんゲノミクスは、全遺伝子配列の決定が高価だった頃にはあまり実用的ではなかった(「がんゲノミクス」参照)。

では、MIT Technology Reviewは何を好んでブレークスルーとして取りあげるのか? 私たちは学際的に考えている。ある分野の発展が、別の分野の進歩にどうつながるのか、その過程に知的好奇心をかき立てられるのだ。人工知能に起きたブレークスルー(「深層学習」参照)は、自動運転車を実現させようとする起業家や発明家に不可欠のテクノロジーだ(「テスラ・オートパイロット」参照)。世界中の人にイン …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント