KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
ピーター フェアリー 6 Stories
プロフィールを見る
  1. 気候変動/エネルギー
    水素はこれまでも、化石燃料の代替物質として常に注目されてきた。欧州各国では「グリーン水素」を精製し、各地に供給するネットワークの構築が始まっている。 Peter Fairley3年前
  2. 中国が独自設計の原子炉建設を再開、19年後半にも操業か
    中国政府が新たな4基の原子炉の建設について、2年の休止期間を経て承認したと報道されている。中国の独自設計を採用しており、2019年後半の操業を予定しているという。 Peter Fairley5年前
  3. 世界が原子力利用から遠ざかろうとしている中、原子力をもっとも推進していた中国がそのコストと安全性の問題に直面している。表向きは原発推進の立場を維持しているものの、原発大手さえも再生可能エネルギーへのシフトを始めている。原子力のテクノロジーは、中国が見放すことで終焉を迎えるかもしれない。 Peter Fairley6年前
  4. 米国はトランプをカナダは炭素税を選んだ
    ワシントン州で炭素価格制度が否決されたが、隣のカナダで、炭素税は当たり前になっている。 Peter Fairley8年前
  5. 長期的な見通しは不明だが、風力と太陽光発電はトランプ政権の数年間も、おそらく成長を持続するだろう。 Peter Fairley8年前
  6. 自動学習機能を備えた一般家庭向けのサーモスタットが、発電所の増設なしに余剰電力を生む手段として注目されている。 Peter Fairley10年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る