KADOKAWA Technology Review
×
Emerging Technology Meetup #1

「2時間でわかる人工知能の現在と未来」イベント開催のお知らせ

人工知能のニュースを耳にすることは増えたものの、情報が断片的で「人工知能とは何なのか」「実際に何ができるのか」を理解することは難しくなっている。MITテクノロジーレビューは三宅陽一郎氏を迎え、「2時間でわかる人工知能の現在と未来」と題したイベントを開催する。 by MIT Technology Review Japan2016.10.30

MITテクノロジーレビューは11月30日、「Emerging Technology Meetup #1 〜2時間でわかる人工知能の現在と未来〜」を開催します。

人工知能(AI)関連のニュースを耳にすることは増えましたが、情報が断片的で「AIとは何なのか」「実際に何ができるのか」を理解することは難しくなっています。そこで、スクウェア・エニックスのリサーチャーである三宅陽一郎氏をお迎えし、技術・社会・ビジネスなどのさまざまな観点から「人工知能の現在」をお話しいただきます。エンターテインメントの世界はAIによって大きく変わってきており、三宅氏の講演では現在使われているAI技術を、ゲームの実例を通じて実際にご紹介いただきます。

後半はMITテクノロジーレビューの中野克平編集長が加わり、AI技術の可能性と限界を見極めた上で、「AIは今後どのようなビジネスチャンスを生み出すのか」について議論します。

講演会の後には参加者の交流会も予定しています。AIの現在を短時間でしっかり学びたい方、AIのビジネス利用を考えている方はぜひご参加ください。

登壇者

三宅 陽一郎 Yoichiro Miyake
ゲームAI 開発者。株式会社スクウェア・エニックス テクノロジー推進部リードAIリサーチャー。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI 開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI 専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。共著に『デジタルゲームの教科書』『デジタルゲームの技術』『絵でわかる人工知能』
(SB クリエイティブ)、著書に『人工知能の作り方』(技術評論社)、『人工知能のための哲学塾』(BNN 新社)、『ゲーム、人工知能、環世界』(現代思想、青土社、2015 年12 月)、最新の論文は『デジタルゲームにおける人工知能技術の応用の現在』(人工知能学会誌、2015 年、学会Webにて公開) などがある。
facebook: https://www.facebook.com/youichiro.miyake

中野克平 Kappei Nakano
MITテクノロジーレビュー日本版編集長。神奈川県生まれ。朝日新聞社を経て2000年にアスキー(現KADOKAWA)入社。パソコン、ネットワーク、ビジネス分野の雑誌編集者である一方、書籍編集部Web Professionalを立ち上げた他、Webマーケティング事業も担当している。

Emerging Technology Meetup #1 2時間でわかる人工知能の現在と未来
日時
2016年11月30日(水) 19:30〜22:00(19:00 受付開始)
定員
185人
場所
KADOKAWA富士見ビル(東京都千代田区富士見2-13-12)
料金

・早割チケット 1000円(先着20名様)
・一般チケット 1500円
・有料会員専用無料チケット 無料(当日入場の祭に「有料会員ログイン画面」をスタッフに必ずご提示ください。)

主催
株式会社コパイロツト
プログラム

19:30〜20:30 三宅陽一郎氏講演「エンターテインメント、人工知能、ゲームマスター」
20:30〜21:00 三宅陽一郎氏・中野克平氏(MITテクノロジーレビュー編集長)対談「人工知能が生み出すビジネスチャンス」

21:00〜21:15 質疑応答など

21:15〜22:00 参加者交流会

注意事項

・申し込みは先着順で、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・当日のイベントの模様は、MITテクノロジーレビューに掲載される可能性がありますのでご了承ください。

申し込みページへ (受付は終了しました)
イベントレポート
人気の記事ランキング
  1. The problems with Elon Musk’s plan to open source the Twitter algorithm Eマスクがツイッター買収でぶち上げたオープンソース化が危うい理由
  2. Meta has built a massive new language AI—and it’s giving it away for free メタ、「GPT-3並み」の大規模言語モデルを研究者向けに無償提供
  3. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
  4. These hackers showed just how easy it is to target critical infrastructure 発電所も使う通信プロトコルのハッキング、わずか2日で攻略
タグ
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The problems with Elon Musk’s plan to open source the Twitter algorithm Eマスクがツイッター買収でぶち上げたオープンソース化が危うい理由
  2. Meta has built a massive new language AI—and it’s giving it away for free メタ、「GPT-3並み」の大規模言語モデルを研究者向けに無償提供
  3. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
  4. These hackers showed just how easy it is to target critical infrastructure 発電所も使う通信プロトコルのハッキング、わずか2日で攻略
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る