KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中
MITTR Emerging Technology Conference #5

「JAXA × 宇宙ビジネスの現在・未来」イベント開催のお知らせ

MITテクノロジーレビューは「JAXA × 宇宙ビジネスの現在・未来」を開催する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の松浦直人・新事業促進部長をお迎えし、「日本や世界の宇宙ビジネスの現状とは?」「宇宙ビジネスが進むと我々の生活はどう変わるのか」など、宇宙ビジネスをめぐる動きをお届けする。 by MIT Technology Review Japan2017.12.13

「JAXA × 宇宙ビジネスの現在・未来」

これまでほとんどの民間企業には無縁だった「宇宙」に投資する動きが世界中で進んでいます。国家レベルの宇宙開発の取り組みだけでなく、豊富な資金力を持つ企業が独自にロケットを打ち上げたり、衛星を利用した地上向けのサービスを展開したりと、ここ数年で急速に拡大しているのが「宇宙ビジネス」です。

今回のイベントでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の松浦直人・新事業促進部長をお迎えして、「日本や世界の宇宙ビジネスの現状とは?」「宇宙ビジネスが進むと我々の生活はどう変わるのか」など、他ではなかなか聞くことのできない宇宙ビジネスをめぐる動きをお届けします。

第1部は、JAXAの新事業促進部長の松浦直人氏より宇宙産業の現状や各国の取り組み、民間ビジネスについて講演いただきます。

第2部では、MITテクノロジーレビュー編集部も参加し、宇宙産業がこれから社会や個人の生活をどう変化させるのか、またどのようなビジネスチャンスが生まれるのかについてディスカッションをします。

登壇者

松浦直人(まつうら なおと)

国立研究開発法人
宇宙航空研究開発機構 新事業促進部長(宇宙航空産業の競争力強化及びコミュニティの拡大、新たな事業の創出に従事)

1986年慶應義塾大学工学研究科修了後、宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)へ入社。人工衛星の追跡管制、地球資源衛星1号(ふよう1号)の開発業務を経て、世界気象機関(WMO)へ派遣。その後、地球観測研究センターの計画マネージャなど衛星データの解析研究や地球観測衛星プロジェクトの企画立案業務など20年近く地球観測関連業務に従事するとともに、予算、人事などの管理部門も経験。その間、アジア太平洋域の自然災害の監視を目的とした国際協力プロジェクト(センチネルアジアプロジェクト)や第一期水循環変動観測衛星(しずく)を含む「地球環境変動観測ミッション(GCOM)」の立ち上げに関わる。2013年4月より衛星利用推進センター長として、地球観測衛星、通信・放送衛星に関する企画、立案、調整を実施するとともに、2014年4月より、地球観測研究センター長も兼務し、衛星データの解析研究に携わる。2015年4月より現職。

MITTR Emerging Technology Conference #5 JAXA × 宇宙ビジネスの現在・未来
日時
2018年1月19日(金) 19:30〜22:30(19:00 受付開始)
定員
100人
場所
KADOKAWA第一本社ビル 2Fホール(東京都千代田区富士見1丁目12−11)
料金
一般 1980円
MITテクノロジーレビュー有料会員 500円(割引コードをご利用ください)
主催
MITテクノロジーレビュー
プログラム

19:30〜20:30 松浦 直人 氏講演
20:30〜20:35 休憩
20:35〜21:00 松浦 直人 氏 ✕ MITテクノロジーレビュー編集部ディスカッション
21:00〜21:15 質疑応答 / お知らせ
21:15〜22:00 来場者交流会
※プログラムは変更する場合がございます。

注意事項
・イベント開催時間、各プログラムの開始終了時間は状況により変更する場合がございます。
・当日のイベントの模様は、MITテクノロジーレビューに掲載される可能性がありますのでご了承ください。
・会場内での事故につきましては、主催者は責任を負いかねます。
申し込みページへ (受付は終了しました)
イベントレポート
人気の記事ランキング
  1. The world’s most famous concert pianos got a major tech upgrade 自宅で巨匠の演奏を、スタインウェイ新技術が拓く未来の音楽体験
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  4. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  5. People are worried that AI will take everyone’s jobs. We’ve been here before. 生成AIは雇用を奪うのか? MIT学長が書いた 85年前の記事に学べること
タグ
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The world’s most famous concert pianos got a major tech upgrade 自宅で巨匠の演奏を、スタインウェイ新技術が拓く未来の音楽体験
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  4. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  5. People are worried that AI will take everyone’s jobs. We’ve been here before. 生成AIは雇用を奪うのか? MIT学長が書いた 85年前の記事に学べること
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る