1. ビジネス・インパクト
    アップルの10億ドル基金はトランプの「製造業復活」に応えるか?
    アップルが発表した先進製造プロセス企業への10億ドル投資は、トランプ大統領が掲げる米国の製造業復活と雇用創出につながるのだろうか。 Jamie Condliffe4年前
  2. ビジネス・インパクト
    島精機製作所、3D編み物で繊維産業革命
    横編み機で世界首位の島精機製作所の「ホールガーメント(全服編み)」が注目されている。生地からではなく、衣服を3Dプリントするため、顧客ひとりひとりにカスタイムメイドできるだけでなく、オンデマンドで製造すれば、在庫リスクを最小化できるメリットもある。 Michael Reilly4年前
  3. ビジネス・インパクト
    イノベーションは製品企画と製造設計、製造工程が場所として近くにあることで促されるため、米国に工場を作るだけでは製造業は復活しない。製造業の深い知識や品揃え豊富なサプライチェーンが、中国の強みだ。 Nanette Byrnes4年前
  4. ビジネス・インパクト
    オバマ政権の政策のよかったこと、うまくいかなかったことをMIT Technology Review編集部がまとめました。 MIT Technology Review Editors5年前
  5. ビジネス・インパクト
    製造業の雇用を取り戻すトランプ次期大統領の公約は、先進製造プロセスの現実を無視している。 Mark Muro5年前
  6. ビジネス・インパクト
    ロボット化率99%の工場で、人間はどんな仕事をしているのか?
    サウスカロライナ州の都市グリーンビルは、自らの未来をハイテク製造業に賭けた。加速度的に自動化が進んでいく経済の中、勝つのは誰か、そして負けるのは誰か? Nanette Byrnes5年前
  7. ビジネス・インパクト
    巨大組織がイノベーティブであるため、GEは工場に研究所を作った
    巨大メーカーは、48年前に操業のタービン工場の隣に、研究開発施設を7300万ドル投じて新設した。目標はより優れたイノベーションの加速だ。 Nanette Byrnes5年前