KADOKAWA Technology Review
×
【新規購読者限定】ひと月あたり1000円で始められるキャンペーン実施中!
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Competing with the Chinese Factory of 2017

中国を恐れよ 米国第一主義だけで米国は中国製造業に勝てない

イノベーションは製品企画と製造設計、製造工程が場所として近くにあることで促されるため、米国に工場を作るだけでは製造業は復活しない。製造業の深い知識や品揃え豊富なサプライチェーンが、中国の強みだ。 by Nanette Byrnes2017.03.17

ドナルド・トランプは大統領選挙期間中も大統領執務室に移ってからも、米国の製造業や中国との競争について発言を繰り返してきた。中国は今や携帯電話やドローン、太陽光パネルといった数多くのテクノロジーの製造拠点だ。米国の工場はどうすれば中国と競争できるのだろうか?

ハーバード大学経営大学院のウィリー・シー教授は、長年のキャリアを通してビジネスの研究と教育に携わり、何度も中国を訪れており、1月にも学生と中国の製造業の中心地を視察した。シー教授は中国で目にした状況について、MIT Technology Reviewに語ってくれた。

以下はシー教授とのインタビューの抜粋で、わかりやすいように編集・要約してある。なお、Insider Premium(米国版)会員には、インタビュー全体の音声を提供中だ。

現在の中国の製造業は、どんなところが優れていますか?

複雑な相互依存の状況です。ほとんどのスマホは2000個の部品で組み立てられています。LCDタッチパネルのように大きな部品もありますが、部品の多くは小さな機械用のネジやコンデンサー、回路基板に使われるさまざまな種類の個別部品のように、もっと小さな部品です。最初に製品を組み立てる工場は、基本的な部品の供給業者と提携しているはずで、そういった業者のそれぞれも同様に、次の段階の業者とつながっており、時にはその次やそれまた次の段階の業者ともつながっています。こういった業者はすべて、比較的急な受注でも部品を供給してくれるのです。中国の製造業が強いのは、業者の数が多く、利用しやすいからでしょう。

洋服や玩具等、あらゆるものを扱う中国の伝統的な露店は、観光やテレビなどで見たことがある人もいるでしょう。電子機器を扱う深圳市の卸売業は非常に独特です。深圳市には、電子機器に使われる表面実装部品を専門に扱う小さな商店が数 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る