1. コネクティビティ
    原研哉さんに自動運転のカンファレンスへの登壇を依頼した理由
    デザイナーの原研哉さんは、「移動のメインストリームは、個人のものから都市インフラに近いものへと変わっていく」と予想する。MITテクノロジーレビューが開催するテクノロジー・カンファレンス「Future of Society Conference 2018」では原さんに「移動への欲望と未来」をテーマにお話いただく予定だ。Motoki Kobashigawa2年前
  2. 知性を宿す機械
    他のドライバーとの駆け引き、突発的な出来事への対処——。完全な自律運転の実現には、これまでとは違ったAIのアプローチが必要になる。深層学習をさらに進め、自動車が自ら常識を学んでいくシステムの研究が進んでいる。 Will Knight3年前
  3. 知性を宿す機械
    オックスフォード大学が
    自動運転システムに参入
    オックスフォード大学からスピンアウトした自動運転学習システム「セレニアム」は、走行の記憶で運転技術を磨く。 Jamie Condliffe5年前