1. ビジネス・インパクト
    従来の遺伝子組み換えではなく、TALENやCRISPRといった遺伝子編集テクノロジーを利用した新しい作物が生まれ、まもなく販売されようとしている。「加速化された品種改良技術」だと主張する研究者や企業に対して、従来の遺伝子組み換え作物(GMO)のように規制すべきだとの声も上がっている。 Antonio Regalado3年前
  2. 生命の再定義
    茶色くならない
    遺伝子組み換えリンゴは
    消費者にウケるか?
    米国企業が、遺伝子操作で茶色く変色しないようにしたリンゴを今秋から店頭で販売する。商品パッケージに遺伝子組み換え食品の表示がないので消費者団体などの反発が予想されるが、開発者は変色しないリンゴはリンゴの売上を伸ばし廃棄を減らす可能性があるとしている。 Andrew Rosenblum3年前
  3. 持続可能エネルギー
    食料が足りない!20年で70%増の需要は、遺伝子組み換えで対応するしかない
    研究チームは、遺伝子操作で20%大きい植物を生み出した。 Antonio Regalado4年前
  4. ビジネス・インパクト
    バイエル・モンサント合併
    規制当局に不許可の可能性
    合併は、世界の食糧供給に資するのか、それとも研究開発費が減らされるだけになるのか。 Antonio Regalado4年前