1. 持続可能エネルギー
    「指まで舐めちゃうおいしさ」の培養鶏肉は2021年に一般販売
    「指まで舐めちゃうおいしさ」の培養鶏肉は2021年までには一般販売されそうだ。肉牛や鶏を育てるときの二酸化炭素排出量を削減でき、頭部や骨、羽など、食用に適さない部位を培養しない分、投入するエネルギーが少なくて済む夢の食料源だが、今のところコストがかかりすぎる。 Jamie Condliffe4年前